この間、姉に子どもが生まれたようです。

仕事での用事を終え、息子の保育園まで喫茶店でちょっと時間をつぶしていたときに母親からメールがありました。

「姉ちゃんに男の子が生まれました~! 元気いっぱい泣いてるよ」

たまの穏やかな時間に一気に黒煙が立ち込めました。
毒親からのメールとはそういうものです。

よせばいいのに
「立ち会ったんですか」
とメールすると、すぐに「廊下で待ってたよ」と返事がきました。
さらによせばいいのに、私は「私のときは産後一人で大変だったけど、お姉ちゃんには優しくしてあげてね」
と嫌味を含んだつもりでメールを送りました。
すると、
「うん、そうします~」と言われ、それで終わりました。

毒親に嫌味は通じない。

毒親は人の気持ち(特に子どもの気持ち)なんてものはないも同然だと思っているので、そういう嫌味は全く通じません。
それを分かっていて送った自分もバカだったなぁと、反省しきりです。

期待しては裏切られ、それでも憎み・期待してしまう子ども・・・
それに全く気付かない親。
いつも考えるのは自分のこと。
「あたしたちって実の子供から無視されて可哀想!」ってことだけ。




毒親持ちの産後はハード。かなりハード。

でも今回の姉の出産は私に間違いなくダメージを与えてくれました。

親に祝福され、産後の面倒をつきっきりで看てもらえる姉。
姉は完全に親に支配されているので、ハイハイと親の言うことを何でも聞いて「いい子」でいる・・・。

私は昔から存在自体を軽んじて見られているので、産後一本の電話もありませんでした。「おめでとう」の一言もなく、
3か月くらいたって電話があり「一度見せに来なさい」と言われただけ。出産が大変だったのを聞いても「ふ~ん」で終わり。

産後は子どもを見せたくない・見せたいという気持ち常に大揺れでした。

両親はこの子をみて、「可愛い、○○の小さいころと同じ!」と言って抱き上げてくれるかな・・・

この子、こんなに可愛いんだからきっとよくしてくれるんじゃないかな・・・

「息子に私の生まれ故郷を見せたい」・・・ただそれだけなのに、それが出来ずに苦しい毎日を送りました。

でも、実際親に会ったら息子を可愛がって(猫かわいがり)、私に睨み、「どれだけ親がお前のせいで辛い思いをしたか」という話をずっと聞かされて終わりだろうと思います。

わかるんです。
毒親育ちは、毒親がどんな反応をするか。ということが手に取るようにわかるんです。
そしてまた傷をえぐられて、しばらく立ち直れないのもわかるんです。

だから会えない・・・

私の姑はいい人です。
実の叔母も近くに住んでいます。

それでも実親に甘えられる人とは違います。

育児ストレスでしんどい時、そばにいてほしかった。
私が体調が悪いとき、助けてほしかった。

そんな思いを常に抱えているのに、親だけでなく兄弟も私の気持ちはわからない。

最後に電話で姉と話したとき、姉に言われました。
「あんたはよく一人で子育てしてるね。私は無理」
「どうして里帰りしないの?」

私だって、好きでこうなったわけじゃない!
私だって帰りたい!!

そういう気持ちは私の家族には全然わからないようです。
ただただ「勝手なことばかりしている困った娘(妹)」という認識なんです。

毒親に育てられた兄弟は関係が希薄。

うらやま

希薄になります。
ほぼ絶縁状態です。

兄弟で力を合わせることより、
毒親は誰か(兄弟の中で)敵を作って攻撃させることを教えます。

そうしたほうが親がコントロールしやすいから。

うちの親も兄弟間で比べたり、私の悪口を周囲(兄弟・親戚など)にばらまくことで自分の地位を何とか保っています。

(「母の愛」「親の愛」とか言って私を諭そうとするおばさまたちに言いたいんですけど、
娘の根も葉もない噂や悪口を言いふらして自分たちに対する同情票を集める両親が娘に愛情を持っていると言えますかね?)

出産前、最後に一瞬だけ会ったとき私は「もっと普通に兄弟で仲良くしたかった」と訴えました。
すると母は「あんたが悪いんだから、それは仕方ないじゃない?」とせせら笑われました・・・。

毒親と兄弟で一緒になって攻撃される・・・そんな思いをするんだったら兄弟なんていらなかった。

そう思ってしまいます。




 

Twitter で森 雨(モリアメ)をフォローしよう!