【遺伝】発達障害だから子どもが産めないという人へ【怖い?】

愛着障害
スポンサードリンク

発達障害者ということで診断を受け、手帳を取得してから早4年が経ちます。

結婚して2年。
息子は1歳8か月になりました。

ネットでいろいろと見ていると、発達障害で自分が苦労したから子どもはいらない。
遺伝するから可哀想、という世の中の意見が結構あるということを知りました。

今回は遺伝するかもしれないにも関わらずどうして私が子どもを産んだか、ということについてお話しします。

[ad#ad]

『発達障害は遺伝する可能性がある』というのは間違いではない。

最初に言っておくと、「発達障害は遺伝するかもしれない」というのは間違いではありません。

調べてみると、母親より父親が発達障害者のほうが遺伝する確率が高いようですが、
母親でも数パーセントは遺伝する可能性があるようです。

以前、結婚する前ですが医師である兄にそのことについて聞いてみて
「絶対ではないけど、健常者より可能性は高くなる」と至極当然の答えが返ってきました。

最近よく聞かれるのは、「子どもの発達障害を疑って診断を受けたらなんと親である自分もそうだった」というもの。

大人は気づきにくいし、もっというと私の親世代(60代以降)なんて
「発達障害?知的障害のこと?」となるくらい知識がないので
きっと調べてみると激増するでしょうね。

結婚前、「子どもを持つこと」について夫と話し合った。

結婚前、診断を受けたときから私は
「子どもを作らないほうがいいかもしれん」と夫に言っていました。

夫は健常者(発達障害ではない人という区別をするためにそう記載します)なので、
私のせいで子どもが望めないのは申し訳ないし、

もし夫が嫌なんだったら別れても仕方ないなと思っていました。

私は当時、仕事や過去の辛い記憶のせいで精神的にかなり弱っており
「もし子どもを私と同じように辛い目にあわすんだったら、産まないほうがいい」
と本気で思っていました。

虐待から愛着障害(境界線人格障害)もあったため、
よけいに子どもを愛せない・親と同じように虐待すると思い込んでいました。

「まあ結婚するにしろ、とりあえず今すぐ子どもを産むってわけでもないんだから落ち着いて考えたら」

しばらくは自分の将来の夢や目標に向かって頑張りなと割とのんきな返事が返ってきました。

私はというと、

(この人は発達障害者に対する世間の冷たさを知らないんだ…)

とただただその温度差の違いに腹を立てていました。

そして結婚後しばらくして、仲の良い友人の出産をきっかけにまた話し合いました。

友人は赤ちゃんが出来てから大変そうではありましたが、
本当に幸せそうで、そのときに

「私も夫との子どもが欲しいな。
いたら楽しいし、可愛いだろうな」と思うようになっていたんです。

子どもが欲しい、と思い切って告げると夫は
「うん、いいと思うよ。作ろうよ」と以前のようにあっさりと言いました。

それに私はカチンときて
「私には発達障害もあって、メンタルだって不安定だし無理でしょ!!
子どもに発達障害が遺伝したらどうすんの!?可哀想でしょ!
愛せないかもしれないし、私なんかのもとに生まれて幸せになるはずない!」

と、今考えたら自分でほしいと言っておきながらどうかと思うくらいまくしたててしまいました。笑

夫はそれに対し、
「別に親が発達障害があるからって子どもが必ず発達障害者になるかっていうとそうは言い切れないだろうし、
逆に健常者同士の子どもでも障害を持って生まれることはあるでしょ。

第一僕は別に障害=可哀想だとは思わない。

雨は大人になって障害に気づいたからいろいろと大変だったのは知ってるけど、
子どものうちから障害が分かってフォローできると決して不幸ではないでしょ。

そんなことで悩むのは杞憂だよ」

と言われ、そこではじめて、
自分のほうが障害をすごくネガティブなものとして扱っていたことに気が付きました。

「自分みたいな親だと子どもが可哀想」と思うのは自己肯定感の低さの表れ、そして自分と親が違うように、子どもも自分とは違う別の人間だから大丈夫。

「子どもはお母さんが発達障害者だから嫌いなんて思わないよ。
ちゃんと可愛がって、愛情をもって育てれば大丈夫。一人で育てるわけじゃないんだし」

と言ってくれました。

あれから3年……。

子どもは超元気に保育園に通っています。

結構落ち着きなく遊んでいますが、今のところ成長に問題はありません。
夫婦で「可愛いねぇ、可愛いねぇ」といつも連呼しすっかり親ばかになっています。笑

今、結婚して子どもを産んで、家族を持って幸せです。

子どもを産むべきか悩んでいる障害者の方、そして
障害者は子どもを持つべきでないと思い込んでいる健常者の方へ

%e5%ad%90%e8%82%b2%e3%81%a6

人は誰しも、障害の有無に関わらず子どもを持つ権利があります。
子どもを持つことをどんな理由があれ障害者だからと他人かとやかく言うのは間違っていますし、
そんなものに耳を貸す必要はありません。

親がどんな人間であれ、生まれてくる子どもが先天的な障害を持って生まれてくるリスクはあります。

障害者は金がかかる、よって社会的に迷惑だから子どもを産むなんて無責任なことするなという人もいますが、
誰しもいつ何時事故や災害で福祉を受けるなどあなたの言う「社会の迷惑」になる可能性はあります。

とにかく、以前の私のようにそんなにネガティブに考えず、明るく生きていきましょう。

家族はいいものです。

少なくとも、私は息子が私より何百倍も、幸せな生活を送ってくれればいいなと
いつも思っています。

夫に感謝。
可愛い息子に感謝です。

スポンサードリンク

気に入ったらシェアしてください!

6 件のコメント

  • >>子どものうちから障害が分かってフォローできると決して不幸ではないでしょ。

    私は大人になってから障害を知りましたが私の母は私が1歳の頃から障害だと知ってて私にはカミングアウトしませんでした。

    なので母は私の知らない所で幼稚園や小学校の先生全員に私の障害について1人1人に説明したにも関わらず・・・誰1人も聞き入れてくれなかったそうですよ。
    その過去の積み重ねで精神障害にもなりました。誰にも理解されなかった証拠です。

    この旦那さんがどんなフォローしてくれるのか気になりました。

    雨さんも仰ってましたよね(この人は発達障害者に対する世間の冷たさを知らないんだ…)と。旦那さんはまだ発達障害者の辛さを知らない甘さを感じました。
    経験できないのですから無理もないですが。

    夫婦2人でフォローできても外では中々理解は届かない事くらい雨さんだってよくご存知のはず。
    旦那さんは雨さんの障害の症状については理解されてるのですか?何かフォローされてますか?

    • saki様

      初めまして、森雨です。
      コメントありがとうございます。

      夫は私の障害について理解していると思います。
      私は障害者手帳を所持しているのですが所得には夫が付き添い、医師に私の特性を説明してくれました。

      夫にフォローもしてもらうこともあります。(自分でなんとか改善を図ることも多いですが)例えば私は物を無くしやすいので、電車に乗るときは夫が切符を預かります。
      時間配分が出来にくく、遅刻しやすいので待ち合わせは電車に乗る時間や出発時間などは夫が決めてくれます。
      また私は感覚過敏や精神的な不安定さもあるので、そこの部分で助けてもらうことが多いです。

      夫が自分からやってくれたり、私から頼むこともあります。
      夫とは気軽に「あれが出来ない」「これが苦手」と話せるので話すだけで楽になることもありますね。

      発達障害は私の幼いとき(大体30年前)はまだ知名度が低く、そのため【ワガママ】【育て方が悪い】だと思われていたようです。最近発達障害が発覚した私ですら「発達障害?そんなものはないっ」と言う医師に会ったことがあります。
      見た目では分からない、知的障害を伴わない発達障害は分かりにくいというのもありますが、ともかく発達障害はまだまだ世間では理解は足りないと感じますね。

      sakiさんもお母さまも、せっかく理解と支援を求めたのに受け入れられないとは辛い日々でしたね。お察しします…。

  • 私は遺伝する疑いのある障がい者が出産する事に反対です。
    いやいや、そりゃね、ビッグダディーにも子供を産む権利はあるよ。でも20人も30人も産んでもいいかってなったらそりゃ話が違ってくるでしょ。

    育てられるかって話。
    で、発達障害をもった家庭は機能不全家族とかアダルトチルドレンになるケースが多い。

    私は結婚前提に付き合ってる彼がいるけど彼には子供を持たないこと、避妊手術する決意は伝えてある。
    育てるなら養子。欲しいなら他で作ってもいいよとも。怒られたけど。
    自分の家庭がまた再現されて子供に苦痛を味合わせる位なら産まないね。
    ・育てるだけの資金
    ・倫理観
    ・体力
    ・夫婦の協力体制。
    障害を持ってもそれを克服できる
    ・知識
    ・経験値
    ・対応能力
    があれば産めばいいと思う。
    それかもっと科学が発達して障害がなくせるとか。
    例えば、私が誰かの肩を叩いて
    「あなたは今日から目が視えなくなる人生ね」
    「君は足が不自由になる人生ね」
    といえば本当に目が視えなくなったり足が不自由になるとしよう。あなたはそんな私に肩を叩かれたいですか?
    すでに障害をもっている方々に対しては過ごしやすい社会にすべきだが、障がい者になる事をわかっていてわざわざ産む必要はない。
    遺伝性の障害(または家族観の問題)を持ちつつ子供を産むってことはそうやって他人の肩を叩いているのと同じ。健常者同士の子供がそうなったら仕方ない。
    でも自分が遺伝性の障害を抱えてるのを分かってて、尚且つさっきの項目をクリアしないで産むのは私の倫理観に反する。
    ただひとそれぞれ価値観だから、もちろん私が”正義”っていう訳じゃない。産みたい人は産めばいいんじゃない?

    ただあなたが優しい旦那さんと結婚して出産して幸せな家庭を築いている。家族円満で貴女も夫も子供も幸せならそれでいい。

    • esmo様

      初めまして、森雨です。

      >>発達障害者なのにどうして結婚出産したのっていう質問をする前に読んでほしい。

      こちらの記事にも書いているように、発達障害であろうがなかろうが他人が
      子どもを持つことについて意見をしたり、禁止したりすることはできないと思います。

      >障がい者になる事をわかっていてわざわざ産む必要はない。

      障害者が子どもを産んで遺伝する可能性は確かにありますが、
      100%遺伝するわけではないですし、またたとえ障害者から障害者が産まれたとしても
      障害があるから不幸せになるとは限りません。
      何より、幸せかどうかは本人が決めることであって、周囲が自分の価値観で簡単に判断するべきことでは
      ありません。

      >私は結婚前提に付き合ってる彼がいるけど彼には子供を持たないこと、避妊手術する決意は伝えてある。
      育てるなら養子。欲しいなら他で作ってもいいよとも。怒られたけど。
      自分の家庭がまた再現されて子供に苦痛を味合わせる位なら産まないね。

      そう決断されたならそれはそれでいいと思います。

      私は障害者が子どもを作り、産むことを促進しているのではなく、
      障害者であっても子どもを持ちたいと思う気持ちは健常者の方と変わらないし、
      産みたいなら誰もそれを阻止するべきではないということを書いたつもりです。

      コメントありがとうございました。

      森雨

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUT US

    mori ame
    夫と3才男子、猫と暮らす凸凹主婦。 結婚を機に実家家族と絶縁。毒親育ちで子育てする苦悩や葛藤の中から、考えたことや発見したことを綴っています。 趣味は銭湯通い。