毒親と最後に会ったのはもう3年くらい前になります。
(父とは以前会ったけど、母とはもうずーっと会ってないヨ)

ちょうど私が妊娠していたときでした。

そんなときに会おうと思ったのは、
「子どもが産まれたらもう『娘』としては会えない」
と思ったから。
そのころ今以上に親のことを考えてクヨクヨ考えて病んでいたので
(暇だったともいえる)出産前に自分の中でけじめをつけるためにも
行っとこうと思ったのです。

こんにちは、森雨(@moriame25525)です。
今回は『毒親に手紙を書くことについて』というテーマでひとつ書きたいと思います。

出産前に親に会っておきたかった理由。
それは、私が書いた手紙の返事について聞きたかったからでした。

数年前、私は毒親にクソ長い手紙を書いた

あのころ私は毒親についてまだ良く知りませんでした。
ちょうど、『毒になる親 一生苦しむ子ども』を読んで

「ちょっと待って……ジャストアミニッツ…これうちのことジャン!」

大変な衝撃を受けました。

毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社+α文庫)
スーザン・フォワード
講談社
売り上げランキング: 737

毎日舐めるようにこの本を読み、
そこでこの本の最終章に描かれている『対決』を実践してみることにしました。

「対決」の方法
「対決」は直接会って話すのが基本だが、それが出来ない事情があるなら手紙で書いてもよい。
電話で話せば安全なように思えるかもしれないが、実際には効果がなくまず失敗する。
電話というのは非常に人工的な道具なので、感情的なコミュニケーションには向いてないうえ、
一方的に切られてしまう可能性もある。もし親が離れたところに住んでいて直接会えないのなら手紙のほうが良い。

スポンサードリンク

毒親に手紙を書いた

「手紙を書こう」と決意したのは、親との電話が恐怖だったから。

当時親とは絶縁しておらず、それどころか毎日親からの電話ラッシュでした。
口を開けば私に対する批判の言葉。その言葉に必死で対応する日々。
私のことが嫌いなはずなのに、どうしてこんなに毎日電話してくるのか?と
頭を抱えました。
そして気が付いたら親からの電話を着信拒否に。
(ほとんど無意識にしたことなので、それから電話が来なくなって
不思議に思ったほど)

電話が怖かったので、親と会うなんてもってのほかでした。

手紙はパソコン(ワード)で書きました。
親に今まで言えなかったこと。
子どものころされて本当に辛かったこと。
忘れられないこと。
電話が怖いこと。
両親への思い。

言葉を選びながら慎重に書いたはずなのに、
気づけばビッシリ文字の詰まった紙が5枚。
すべて茶封筒に入れて郵送しました。

期待した言葉と聞けなかった言葉

郵送した後は毎日緊張しながら過ごしました。

「『虐待』とはっきり書いちゃったけど親はどう思ってるだろう」

「やっぱり怒ってるかな。悲しんでるかも」

「『悪いことした、ごめんね』って言ってくれれば私はもう…」

「でもやっぱり手紙書くべきじゃなかったかな」

しかし、いくら待っても手紙も連絡も一切ないまま1年経ちました。

それから、結婚・妊娠して味方になってくれていた叔母さんと
両親に会いました。
もしかしたら両親と会うのは最後かもしれないと思って
大きいお腹を抱えて新幹線に乗って行きました。

読んですらない?

毒親は私を気遣う風でもなくただただ以前のままの
対応をしてきました。

母は私に兄の子(孫)の写真を見せて
「可愛いでしょ!?」と自慢してきました。
近々生まれてくる私の子については何も触れず、
いいおばあちゃんの振りをしてきました。

(当時私は「子どもが将来『ママのおばあちゃんってどこにいるの?』
って言って来たら絶縁したなんて言えないよな」と悩んでいた最中
だったのでこれは地味にきつかったです)

まるで今までのことはすっかりなかったかのように対応される…
今考えるとそれは毒親の常とう手段なんですが。

私は「手紙……読んだ?」と思い切って聞いてみました。

母「は?」
私「手紙。お父さん読んだ?まさか届かなかったんじゃ」

すると父は「ああ、来たよ」とため息をつきました。

父「何が書いてあるのかと思って目を通そうとしたら……
頭痛がしてめまいもしてきたから読むのやめたわ」
「ワシは読めん。あんなもんは」

結局対決(手紙)は自己満足に終わった

手紙を読んですらもらえなかったと知って私は脱力。
それまで感じたことがないくらい脱力しました。

たとえ読んでいたとしてももうどうでもいい。
とにかく親2人には全く響かなかったんだ。
それが答えなんだと思い知らされました。

その後私は親とほとんど話すことなく、出産後も電話一つすることは
ありませんでした。

でも、私はたとえ親から期待したような返事がなくとも
別に後悔はしていません。

出産後もとにかく親に自分が『虐待された立場』であるということを
表明出来たというだけで割と満足でした。
思った以上に自分は親に無視されるということに慣れていたし、
逆に変な態度をとられて近寄られるくらいなら「読めない」と言って
沈黙してくれているほうが有り難かったです。

あなたも毒親に手紙、書いてみたら?

『毒になる親』の一節にこんな文章があった。

では、こんなことなら対決などしないほうがよかったのだろうか?
そうではない。これで彼の「対決」は成功だったのである。
なぜなら彼は、相手が聞こうが聞くまいが生まれて初めてこの異常な親たちに
自分の本当の気持ちを語り、それをしたことによって両親が
「毒のある行動パターン」から抜け出すことは永久にないであろうという
事実を、ようやく心の底から受け入れることができたからである。

まさにこれです。

それまで寝られないほど苦しかったのは
「親が私のことを認めて、謝罪して、愛してくれる」という
期待があったからなので、手紙を書くことで諦めることができて
次に進むことができたんです。

「諦める」と書きましたが、これは毒親育ちなら
親の愛情を諦めることがどれほど辛いことかわかると思います。

でも、親の為に自滅するわけにもいかないので(笑)
仕方ないですね……それも運命です。

毒親と『対決』したことないあなた。
思い切ってやってみたらどうでしょう。

荒療治ですが、効くことは間違いないっすよ。笑

森雨でした。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で森 雨(モリアメ)をフォローしよう!