こんにちは、森雨です。

このブログを開設してもうすぐ10か月経つんですが、
アクセスを細かく見ていくとやはり「毒親育ちの結婚式」について
気になっている人が多いみたいですね。

私が結婚式をしたのは3年くらい前なんですが、
当時スマホで「親無し 結婚式」でまあ30回はググったかなと思います。

でも私が知りたい情報は無かったですね…

★私が知りたかったこと

  • 毒親に反対されたまま結婚式が出来るのか
  • 非常識だと思われないか(義実家に迷惑か?)
  • とにかくどう思われるのか不安

結婚式は自分たちの結婚を披露する場です。
今まで私の実家から見ると駆け落ち同然の結婚だったので
「本当にするべきかどうか?」
と数か月は悩みました。

でも悩みながらだんだん、

「どうして私は結婚式出来ないんだろう」

「身分不相応なのか?私が結婚式をするのは」

と考え始めました。

私の中には母親から言われた
「どうして結婚式なんてするのよ!すんな!結婚式なんか!
そんなもんあんたがする必要ない!」

という言葉が心に深く刺さっていました。

しかし、さすがの私も毒が抜けかけていた時期なので
(すでに結婚自体はしてたし)

「はあああ?そんなことなんであんたらに決められなあかんねん!!」

とガチギレ。

「そんなんいうなら来てくれんでかまわんわぁぁぁぁぁ!!」

という気持ちでありました。ええ。

気持ちは、ね。笑

結婚式を楽しみにしてくれていた人たち

そんな私の背中を強く押してくれたのは、結婚を喜び、
式を楽しみにしてくれていた親戚や友達たちでした。

私は親の仕事上、小さいころから親戚や祖父母の家で
よくお世話になっていて、式をするのは

「今まで可愛がってくれた人たちに感謝の気持ちを伝えたい!」

という気持ちからでした。

私の兄弟たちは(私は3人兄弟)勝手に親と自分たちだけで
海外のリゾート挙式をしていたので、それもあって
「祝福してくれる人に喜んでもらいたい!」という想いが強かったのです。。

…ていうか、結婚式って本来はそういうもんですよね?苦笑

お気に入りのドレス着てキス写真撮るのが結婚式ちゃいますよね??

まあ価値観の違いかなとは思いますが。。。
可愛がってくれた祖父母が行きたがってるのに
あえて本人たちが来られない場所で
式をする人たちの気持ちが私は分からないですな。

まあ余談ですが。。



【親抜き結婚式】非常識だと思われないのか?

結論から言うと、わかりません。

これはなんにでも言えることですが、自分が人にどういう風に
言われているかどうかなんて正直わかりません。

ていうか、言われていたとしてもどうしようもできません。笑

夫側の親戚の反応

私は夫側の親戚は思いつく限り全員出席してもらったし、
その全員から「いい式だったよ!」「おめでとう!」の言葉も
もらったし、なので別にいいかなと思います。

夫に言うと「なんで?とは思うかもしれないけど、親が来てないことで
『あの嫁は』とか言う人いないでしょ」と言っていました。

ていうか、正直「非常識だーっ」と騒ぐような人は式に呼んでいない
(そもそも祝福自体してくれてないだろうし)というのもあったかと思います。

義両親には夫からしっかりと伝えてくれていたので、
特に詮索するという感じではありませんでした。

「本人たちが決めたことだし」

と私たちが頑固なのを知ってか姑も何も言いませんでした。

「義両親に毒親のことをこっちから説明する話」はゆがみちゃん 毒家族からの脱出コミックエッセイ<ゆがみちゃん>が参考になります。

ゆがみちゃん 毒家族からの脱出コミックエッセイ<ゆがみちゃん>” style=”border: none;” /></a></div>
<div class=
KADOKAWA / メディアファクトリー (2015-07-17)
売り上げランキング: 21,353

私はゆがみちゃんほど勇気はなかったので、あんな風に
泣きながら説明はしませんでしたが(というより出来なかった)
夫から説明・説得してもらえていたのは本当に良かったと思います。

式場の人(プランナーさんたち)

プランナーは女性でしたが、
初めにきっぱりと

「うちの親は、わけあって来ないんです。
それでも大丈夫ですか?」

と聞きました。

すると、ニコッとそのプランナーさんは
「そうなんですね~。全然構いませんよ!」

「ご両親がいらっしゃらない結婚式、
何件か拝見させていただきましたがとても和やかなムードで、
他の結婚式と変わりませんでしたよ~」

と気軽に言ってくださいました。

私が、
「両親への手紙とか無いんですがいいですかね?」

とか

「花束は誰に渡したらいいんでしょう??」

とか色々質問したら、
「最近はお手紙はないことも増えましたよ」
「花束はおばあ様に渡されてはいかがですか?」

と色々と提案してくれました。

なぜ来ないのか、とは決して聞いてきませんでしたし、
よくあることですーと特に気にした風ではないのが
とても気が楽になったし、助かりました。

スポンサードリンク

兄弟の反応

式も3カ月くらい前になると、招待状を出します。

私は「出てほしい人」と「祝福してくれそうな人」
全員に招待状を出しましたが、その中に自分の兄弟も
含まれていました。

なので、正直「祝福してくれるかそうでないかわからないけど
出しておこう」という気持ちで出しました。

既に親が根回ししていたのか、招待状は出席という返事で
すぐに届き、私は喜んで準備しました。

兄弟を呼んだのは結果的にあまりよくない結果となりましたが、
まあそれも仕方ないと今は思います。

完全に毒親に染まった兄弟からすると、自分たち(親の)の敵ばかり
集まった私の結婚式で何も抵抗することができなかったようです。

心からの「おめでとう」も特になく、ただ黙って料理を食べていました。

毒親育ちにとって結婚式はかなりハードル高いよね

毒親育ちって、自己肯定感が異常に低いので、

「自分なんかがドレス(タキシード)着るなんて」

とか

「自分なんかの為に集まってもらうなんて」

とか色々余計なことを考えてしまうんですよ。

そらそうです。

親ですら「何であんたが(結婚式なんて)するの?」みたいな
こと言ってくるんですからね。笑

でも、安心してください。

あなたのための結婚式じゃないですからぁー!
(波田陽区風に)

確かに、あなたは新婦(新郎)ではあるんですが、
結婚式のメインって招待客ですから。

だって普通自分の為にパーティーなんて開かないでしょ?

メインは招待客です!!!

私は何度も「ワタシなんかが・・・」と思うたびに
頭の中に波田陽区を呼んでましたね。笑

だから、「あなたも結婚式したいな~でもな~」と
ひそかに思っているなら、波田陽区呼んでくださいね。笑

とにかく、うちはこんな感じでした。

森雨した!



 

Twitter で森 雨(モリアメ)をフォローしよう!