こんにちは、森雨です。

突然ですが、毒親育ちで実家暮らしの人が「家を出たい」という決断に至るまでは
相当な勇気と覚悟がいります。

今までずっと親がいないと生活できないという呪いをかけられていたし、

支配型の毒親も「あんたがいないと生きていけない」という
勝手なことをバンバン言ってきていたと思うので、

あなたが(親を置いて出ていくなんて)と罪悪感にかられるのは当然です。

しかし、親の人生にあなたは全く責任を負う必要はないので、
重荷になりそうな人の元からはさっさと離れましょう。

でも、突然家を出るとしても

「親から離れて仕事はどうしよう?」

とか、

「1人暮らしするお金が無い」

とか、

「とにかく不安」

という悩みが出てくると思います。

今回は、森が「もし私が金もキャリアも仕事も無い状態で家を出ることを
考えたら」ということを考えて、

「私ならこうする!」「私ならこれは絶対しない!」

ということをパターン別に書いてみようと思います。

スポンサードリンク

お金と仕事が無くて出ていけないという人

金が無い――。

例えば、もし仕事があれば死に物狂いで働いて金を貯めるという手がありますよね。

手取り18万くらいでも、実家暮らしなら節約して毎月10万くらいは貯まるはず。
1年我慢して、100万もあれば地方から都会に出るのも何とかなります。

普通に部屋を借りて暮らせます。

>>東京でも格安のお部屋がみつかる!?【部屋まる。】

ちなみに私は関西に出てきたんですが、古い木造だと家賃4万5千円とかでした。
(2LDKとかですよ!?)

月15万くらいは都会に出てからバイトでも余裕で貯まると思うので、
全然よゆーっす。

コミュ障(この言葉嫌いだけど)でも、やる気になればいけます。
バイトなんてダメになればサッサと辞めて次に行けばいいんです。

でも

「親がバイトなんてするなって…」

「親が『お前なんかに1人暮らし出来るわけない!』とか言う」

そういう人には、リゾバがおススメです。

とりあえず1人になりたいなら断然リゾバ

森は「毒親育ち+実家暮らし=辛い」な人のことをじっくり考えたんですが、

やはり即刻離れるのが必要なんですよ。
スピード感大事。ほんと、大事。善は急げです。

ということで、森は、

毒親から離れてがっぽり稼ぐ→お金貯まる→家を出る勇気が出る→成功!

ということが可能なリゾバをおすすめします。



森は実は大学生のころ1か月くらいリゾートバイトをしていました。
北陸の大きなホテルのレストランでウエイトレスです。

やっていることは他の飲食のバイトと変わらず、
食事を作ったり出したりする仕事でした。

朝8時に寮を出て、17時くらいで一日が終わります。

本当に周りに何もないところでした。

朝・昼・夕と食事は無料で提供されるし(チケット制)
ちょっとしたものはホテルの売店で割引価格で購入できるし、
当然寮&交通費も無料だし、
お風呂は大浴場・露天風呂付だし何の不自由もありませんでした。

山奥のホテルだったので、とにかく空気が澄んでいて
毎日星を見たり、小説を沢山読んだりして過ごしました。

週に一度の休みをもらうと、バスで山を下りて観光。

終始旅行気分でバイトを終え、帰ってしばらくすると
20万ほど口座に振り込まれました。

「なんていい仕事なんだ」

と思いましたね。笑

とにかくリゾバのいいところは、

  • お金を使わないので節約にピッタリだというところ
  • 新しい環境で働けるというころ
  • 出会いがあるところ

そして何より、親と離れて生活が出来るというところです。

繰り返すようですが、『善は急げ』なんです。

そういう意味でもリゾバは「とにかくココから離れたい」というあなたには
ピッタリだと思います。

あと、リゾバは出会いもあります。

みんな初対面の人ばかりで、20代~40代くらいまで都会から
沢山の人が集まります。

友達同士で応募っていうのは実はあまりいなくて、
たいてい一人旅が好きそうな(一人好き!っていう)人ばかりです。

ホテルや旅館の社員の人はクセある人多いけど(本当に!)
同僚はほんとに気さくな人ばかりだし、寮生活なので楽しいです。

私が行ったのは夏でしたが、
「冬は九州に行くのよ!」という30代のフリーターの方結構もいました。

リゾバで生計を立てていて、各地を転々として生活しているそうです。

自分の知らない生活をしている人がいる、というのは
視野をグワッと広げてくれます。

リゾバ、おすすめです。

>>寮・食費無料!住み込みでバイトするならリゾートバイト.com!

とにかく不安?無理?それは言い訳です

「とにかく不安です。1人で生活する自信なんてないです」

毒親育ちの人がそう言っていると、

「ああ、この人はしっかり毒親に染まってるな」

と思っちゃいますね。

毒親に『洗脳★大成功』って思われてますよ。

まあ実際、世の中には様々な事情を抱えた人がいます。

例えば介護していて、おばあちゃん先長くないから居なきゃとか、

身体障害があるから、誰かの介助がないと生活できないとか。

そういう人に「オラオラ!甘えてんじゃねえぞ!?引っ越しじゃ引っ越し!!」

というほど私は鬼ではないので、まあ無理にとは言いませんが

「なんか不安」

という理由だけで親元を離れないのはただの甘えですよ。

それならまだいいですが、

「親がいないと不安」

となると事は重大です。

いつまでも親元を離れず子どもみたいに
「お母さんとお父さんに褒めてもらいたい」
と求め続けているということですから。

これは以前の夫婦喧嘩の記事でも言いましたが、
我慢は自分の為にするもので、他人のためにすることではありません。

「私さえ我慢すれば…」

我慢すれば得をするのは誰でしょう?

親ですか?
祖父母ですか?
兄弟たちですか?

いいえ、実は誰も得をしません。

なぜなら、あなたが今「死ぬほど我慢している」ということを
知らないからです。

あなたのその『我慢』は100%無駄なのです。

いつか爆発して「ずっと我慢してた!」と言っても
「知らないよ、そんなもん」ってなもんです。

あなたの敵がいない場所で新しい生活を始めよう

即刻、新しい家を探しましょう。

遠くに引っ越して、住所も知らせなくていいです。
むしろ、知らせてはいけません。

>>東京でも格安のお部屋がみつかる!?【部屋まる。】



東京でも6万以下で部屋は探せます。

全然、ヨユーです。

「保証人ってどうするの?賃貸って保証人がいるよね?」

毒親は当然保証人になってくれない。

それどころか、あなたが出ていこうとしたら怒鳴ったり泣いたりして
全力で引き止めるかもしれません。

でも大丈夫。

毒親に頼らなくたって、保証人なんてどうにかなります。
保証人代行サービスというものが世の中にはあるのです。

日本賃貸保証株式会社

お金を稼ぎ、生活さえできれば何でもできるんです。

これってすごくないですか?

金さえあれば、ある程度の自由は得られるってこと。
1人暮らしは自信をつけてくれます。

暮らして1年もすると間違いなく親へのストレスは激減するだろうし、
自分の人生をより良くする糸口も見えてきますよ。

もしあなたが毒親から離れることが出来たら

私はもし今でも毒親と暮らしていたら(考えたくもないけど)
まず精神的な病気になっていたことは間違いないと思います。

死んでいた可能性もあります。

親と離れ、絶縁してもしんどいことはありますが、

一緒にいたほうがしんどかったと思います。

子どものころから『我慢』しまくってましたから。

どんな失敗や後悔も、自分を消耗させる人と暮らすよりは
ずっといいということをあなたは経験するべきだと思います。

森雨でした。

参考図書

絶縁&一人暮らしと言えば、『ゆがみちゃん』が参考になります。
ゆがみちゃんのストイックさはみんな見習うべき!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で森 雨(モリアメ)をフォローしよう!