こんにちは、森雨です。

ネットでたまたまセックスレスについて
調べていると、

男性側が原因でレス…というのが意外と多くて
驚きました。

そこでつい最近、日本の性教育についてのこんな記事を見て
「やっぱり書かなきゃ」と思いました。

だから、今日は『性教育×セックスレス』の問題がテーマです。

スポンサードリンク

女がセックスを求めること=恥ずかしいこと?

あなたは「セックスがしたい」って夫に言えますか?

この間、知り合いから夫の愚痴を聞かされながら
考えていました。

知り合い(以下Aさん)の夫は結構封建的な考えの持ち主で、
Aさんの気持ちを考えずに喋り、怒鳴り、
威張り散らしています。

私にとってはわりといいおじさんなのですが、
Aさんは「これまで何度離婚したいと思ったか!」と
いつも愚痴をこぼしています。

そんな愚痴を聞きながら、私は1つどうしても
Aさんに聞いてみたいことがあったんです。

それは
「どのくらいの頻度でセックスしてるの?」
ということ。

さすがに直球では聞くのをはばかられたので、
「一緒に寝てみたら」とアドバイスしてみました。

「一緒に寝てみたら、お互い案外すんなり思いやって
仲良くできるのかもよ」

すると叔母さんは、なぜか少し怒りながら、

「とんでもない!そんなこと!」

「第一、あの人はもう夜お酒飲んだらさっさと寝ちゃうの!
いびきかいて、自分の部屋のベッドで一人でね」

そう言ってため息をつきました。

私はすぐ自分をおばさんに置き換えて考えてみました。

夫に細かいことまで指図され、その上抱いてももらえない生活。

とてもじゃないけど、耐えられそうにないです。

「いつどこでどういう感じで性生活が行き詰ったの?」

結局聞けなかったけど…。

もし、妻が夫とセックスしたいと思うとする。

夫と一緒にお酒を少し飲んだりして
そういう雰囲気に持っていこうと慌てて家事と育児を済ませ、

ようやく準備万端…というときに

夫が自分だけお酒を飲んで酔ってサッサと自分の寝室に引っ込んで
しまったらこれは辛いですよ。

悲しいし、

寂しいし、

ムカつきます。

それが何度も続き、思い切って
「最近してないね。今夜どう?」
と誘ってみたら、

冷めた目で睨まれ、

「今日は疲れたから」

といつもと同じように寝室へ…となったら。

「離婚」の二文字が浮かんでも仕方ないですよねぇ…

セックスレスの辛さは「したくない」側にはわからない

セックスレスの問題の難しさは
「セックスをしたくない側」にはわからない点です。

極端なようですが、

「このままセックスレスが続くようなら、離婚します」

と言って、

「たかだかセックス出来ないくらいで離婚?馬鹿じゃない?」

と笑えるのは、妻(夫)を人間扱いしていないのと一緒です。

尊厳を無視している、と思います。

もし「夫(妻)とセックスをしたい人の気持ち」を考えることが
出来れば、

夫婦で話し合って、どうしてしたくないのか、ということについて
深く話し合いをし、打開策を見つけることが出来るはずです。

(例:休みを取る・疲れを取る・二人だけの時間を作る・EDの治療をするなど)

セックスをしたくないという側の感情だけが優先されて、
セックスをしたい(あなたと愛し合いたい)と思っている側の気持ちは
ないがしろにされるあの感じ。

あの感じが夫婦をさらに窮地に追いやるんです。

夫婦から愛をとってはいけない。情だけが残ってしまう

夫婦は常に「愛情」をお互い感じ合う必要があると思うんです。

年齢関係なく、お互いがお互いから愛情を感じ合う関係だから
何十年も一緒に生活していけるんだと思います。

それがスキンシップを取り、セックスをせずにいると
愛情から愛だけが消えて情だけが残ります。

情だけで相手の為に働き、子どもの世話をするのはそれは無理ですよ。

「ケッコンしたんだから、愛がなくてもちゃんとしろ!」

は、やはり無理ですよ。
それは奴隷と同じです。

性教育が出来ない国、日本

そこで性教育の話につなげるんですけど、

あなたは性についてどのくらい学校で勉強しましたか?

私は実はエロ本が家にたくさんあったおかげで
それはもう早くから性に興味を持ちました。

記憶では、小4の時にセックスというものを知り、
小6で精子と卵子が、という話を学校で聞きました。

セックスというものをしてワギナにペニスをうんたらかんたら~と話す
先生は出来るだけこの話を早急に終わらせようと必死だったようで、
質問しようとした男子をにらみつけて終了。

私たち女子の頭には結局疑問しか残らなかったので、
大人からの免許皆伝とばかりに図書館にみんなで行き

性教育の本を読み漁りました。笑

当時はこういう子どもウケするやつじゃなくて、
もっと5冊セット!みたいな感じのやつでした。

でも、男女平等について書かれていたり、
カップルのあり方、
相手の性を尊重すること、
コンドームの付け方、

外出しは危険だということなど

子ども向けにしては結構キッチリ書かれていましたね。

イラストレーターのおかべりかさんの絵が親しみ深く、
よく読んでいました。

でも、今考えたら小・中・高と本当に性教育で学んだことが
一つもないんですよね。

自分で仕入れたというか。

今考えてみると、これってかなり問題ですよね。

母がいつか、中高生で妊娠・出産した子の話をテレビか何かで観て、

「若いくせにそんなことするからよ。普通考えたらわかるでしょ。
しちゃいけないって」

と言っていましたが、
私は「そんなこと」をしたために子どもが産まれるという母の発想が
嫌でした。

でも、多くの人がセックスや性について

「そんなバカなこと」
「汚らわしいこと」
「はしたないこと」

と思っているんですよね。

セックスだって、

基本『やりたい』なんて言っちゃいけないということ。

特に女の子が『やりたい』なんてありえない…と。

だから性教育だって、さっさと済ませてもっと大事な算数や国語を
やるべきだと思っているんですよね?

なんてこった…(絶望)

正しい性教育とは

みうらじゅんも言っているように(笑)
エッチなものや行為に興味を持つのは当たり前だし、
するのも当然なんですよ。

中高生になれば好きな子とキスしたり
抱き合ったり、

もう思いつく限りのあれやこれやをしてみたい!

と思うのも当然なんですよ。

それなのに、大人が勝手に

「しちゃいけないこと!」

と決めてしまうのは間違っています。

性の教育って、

「してもいいし、したいと思ってもいいけど、

本気で気をつけないといけないことがありますよ」

と教えることだと思うのです。

例えばそれが妊娠であったり、性病はもちろんですが、

野外セックスは法律違反だとか、

コンドームは財布に入れると傷つきやすいとか、

カラオケボックスではやっちゃダメだとかもそうだし、

18歳未満はラブホに入っちゃダメとかもそう。

AVは売り物だから過激にやってるだけで、
実際やるときはあれを鵜呑みにするなとか。

「大人が子どもにそんなこといちいち教える?」
「高校の先輩みたいなことわざわざ教えなきゃいけないの?」

そういって性教育を軽んじる社会だからセックスレスの夫婦は増えるし、
薬飲ませてレイプするような、女性を軽視したモンスターが出てくるんです。

「セックスが何たるか」を知らなければ、幸せな性生活は送れない

「セックスは夫婦の重要なコミュニケーションだと思う」

そういうと、

「でも、コミュニケーションを取る方法ってセックス以外にあるよね」

と言われる。

確かに、ただセックスをすると言っても、

「苦痛でしかない」
「痛いし、眠いし、もういやだ」
「毎晩求められる」

という人に、

「夫婦なんだからやろうよ!」

というのは無しだと思います。
そうなると、きっとどちらかに問題があるんだと思うんですが
(どちらかがどう悪いというわけでなく)

ただ、私は日本で夫婦間のセックスレスが多い理由が、
セックスのことを、

「性欲処理」
「快感を得る行為」
「子どもを作る」

という風に考えているような気がしてならないんです。

だから、一方がセックスを求めているのに平気で断ったり、
またセックスレスの期間が長引いていても夫婦で打開策を模索
したりしない原因かと思います。

男は性欲が強い、という幻想

一般的に男が性欲が強い、という言われ方をします。

男の子の部屋にエロ本(エロDVD)があれば、
「男の子だから仕方ないわね~」と思うものですし、

世の中には妊娠中の妻がヤラせてくれない
というだけで風俗にノコノコ出かけていく男もいます。

「とりあえず化粧しろよ」

「俺の前ではスカートを履けよ。所帯じみてると萎える」

「やっぱり若い女がいい」

こういう酷い価値観も「性欲が強い」ために仕方ないとされています。
(ごく一部だと思いたい)

女性の中でも、
「してあげないと、浮気されるよ?」

という人もいます。

つまり、男には基本「セックスをさせてあげなきゃいけない」ものと
いう偏った認識が存在するんです。

そういった思い込みから、

セックスが気持ちよくなくても声を出してよがったりして
雰囲気を盛り上げます。

(さっさと終われ)と念じながら…。

セックスをさせないブラック企業が夫婦を追い詰める

セックスレスは社会の問題でもあります。

「夫が仕事から帰るともう深夜だから、疲れてそれどころじゃない」

「ストレスと疲れで勃たない」

こういう話を聞くたびに、

給料をいくらもらっても子どもや夫婦間の関係も悪くなるようなら
やめたほうがいいんじゃ…と勝手なことを考えます。

夫(妻)がブラック企業に勤め、残業・残業…だといいことは1つも
ありません。

月収100万以上貰ったって嫌です。

例えば夫がそういう状況だったら、私は会社に

「貴社がそういう体制のために、うちは子育てはもちろん、
夫婦間の重要なコミュニケーションさえも阻害されています!」

と殴り込みしたい気持ちになりますよ。

こういう平気でブラック体制を社員に強いている会社に
私たち夫婦の人生まで左右されたくないんですよ。

私はこれはそれくらい重大な問題だと思っています。

【最後に】記事を書こうと思ったきっかけ

セックスについての持論を展開してみました。

私がこの記事を書いたきっかけは、たまたま相談サイトで

「3人目の出産後、妻のセックスを断っていたら、妻がキレて暴れ子どもにもあたるようになった。
どうすればいいですか?」

という質問を目にしたからです。

その回答には、「やってあげればいいじゃん」「奥さん可哀想」というものから、
「セックスのことくらいで…奥さんは精神的な病気!」というものまで様々でした。

あえて文章は載せませんが、
私は奥さんの気持ちが手に取るようにわかる気がしました。

「セックスしてあげるべき?」という夫。

3人の子どもの世話・家事で毎日しんどい。
夫に慰めてもらいたい、セックスで癒されたいと思った妻。

私は「そこまで求めてるんだから、セックスくらいしてあげろよ」

という気持ちと、

「今日セックスしたくないって気持ちも尊重する必要あるよね」

っていう考えで揺れました。

でも、奥さんはきっと断られたときに、

「どうして私は認めてもらえないの?」
「セックスくらいしてくれたっていいじゃない!」
「もうこの人は私を家政婦くらいにしか思ってないんだ」
「死にたい!」

と思ったはずです。

でも夫は「どうして妻はセックスを断ったくらいで怒ったの?」と
さっぱりわからない。

妻の感情を全然理解できない。

どうしてセックスくらいのことで??

「セックスってこんなに軽んじられているのか…
夫婦同士でしか出来ない行為なのに…」

と思って、セックスレスのお悩み掲示板みたいなところを
めぐってみました。

すると、全国の「セックスを断られる」という妻側の嘆きや
悲しみ、苛立ち、辛さがたっくさん出てきました。

別にセックスをして性欲を処理したいわけじゃなく、
ただただ、夫に愛してほしかったという妻の気持ちを夫はわからない。

なぜなら、夫と妻でセックスに対する認識が全く違うものだから。

……これは問題だと思いました。

そしてこの夫婦の軋轢が、子どもにいい影響を及ぼすはずはなく、
またそんな扱いをされている妻が夫との子どもを心から愛せるはずは
ないと思いました。

「セックスを断られた妻が、毒親になるんだとしたら?」

あなたはどう思いますか?

森雨でした。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で森 雨(モリアメ)をフォローしよう!