こんにちは、森雨です。

最近しばらく行ってなかったメンタルクリニックにまた行き始めました。

しばらく行ってなかったーといっても、結婚した当時に行っていたクリニックなので
もう数年になりますか。

その間子どもが産まれ、2歳になりました。

よくしゃべり、よく動き、よく叱られる典型的な魔の2歳児です。笑

今回はそんな息子を連れてメンタルクリニックに行ってきたよ、という体験談です。

【そもそも】メンタルクリニックに行くことになった経緯

しばらく行ってなかったのに、なんで行くことになったのか。

一言で言うと「悪くなったから」です。
これまで出ていた症状が色々と出てきてアカンくなったからです。

夜になると(消えたい・死にたい)という次々出ては消えていく悪魔に対処できなくなりました。
(消えたい・死にたい)と脳内で無限に呟く悪魔、あれ一体何なんでしょうかね?
あなたの中にも一定数ひそんでいませんか?

夫に「消えたいとか死にたいとか思っちゃうんだけど」と正直に言ったところ、
「自殺念慮があるってこと?病院行ったほうがいいよ」と即言われました。

(でもなー。
子連れではちょっとなー…)

私の中でその悪魔たちは制御できたものと思っていたんですよね。

『愛着障害』や『境界性パーソナリティ』の人たちにとって、死にたい消えたい悪魔たちは
もう子どもの頃からのお友達。

私なんか、その悪魔たちに10歳で遺書を書かせられましたからね。

なんでや。

なんで今更出てくんのよ。

という感じで、なんとか対話を試みていました。

しかし、事態は好転することはなく眠れなくなって、ふいに涙が止まらなくなって
苦しくなる夜が続きました。

(まだいける、大丈夫)

と我慢していたんですが夫に、

「もうこっちが限界だから、さっさと病院行ってくれない?怒」

ととうとう言われてしまいました。。

メンタルクリニックに子連れで行ってみたら

心療内科や精神科に子連れで行くのにすごい抵抗があったんです。

メンタルクリニックっていろんな事情で心を病んだ人が来てますし、
息子の声を少し聞くだけでも発狂しそうなくらいしんどくなる人も間違いなくいるんですよね。

なにを隠そう、私も数年前子どもを中絶したときに精神的に病んで病院に通ったとき
他の子どもを見るだけで死にたくなって涙が止まらなかったりしてましたから。

本当なら義実家にでも子どもを預けて行きたかったし、そのつもりだったんですが、
ある日の昼間(あ、本当にもうだめそう)といつもは夜に来る発作みたいなものが
昼にきちゃったので慌てて息子の手を引いて病院に行ってしまいました。

道中の電車の中で息子に、

「今から行く病院は、しんどい人がいっぱいいて、
Sが大きな声出したりするともーっとしんどくなるから
絶対に静かにしてなきゃダメなの。静かに出来る?」

としっかり言い聞かせました。

「うん、わかった」

という息子を信じ、なるべく空いている時間帯を狙って行ったんですが、
(※私の通う病院は予約不要です)

案の定、「ねーねー、ここなんていう病院っ(^◇^)?」

と大きな声(本人は大きな声だと思ってない)でおしゃべり。

しずかにね、と言って絵本を手渡したりしても難しそうだったので即待合室の外へ。

正直(このままこの状態だったら、やっぱり日を改めよう)と
思っていたら、いつもはそんな時間にお昼寝したりしない息子がパタッと
抱っこでお昼寝…!

するとそのあとすぐに診察室へ呼ばれました。

あまりの奇跡に「神よ…( ;∀;)」という感じでした。笑

薬を飲んで落ち着いてきた。徐々に。

診察室に入ると「あら、森さんのお子さんだったのね。声が聞こえたから~」と言われたので、
「すみませんでした、子連れでご迷惑をおかけして」

と謝ると、「いいのよ~!新生児連れて来るお母さんもよくいるから( ◠‿◠ ) 」と言われてホッとしました。

そこでしばらく来なかったため、その間のことなどと合わせて症状を説明しました。

所要時間はたったの15分ほどでしたが、私には長い15分でした。
自分の症状を誰かに(ブログや夫以外に)説明できて、それだけで少し気が楽になりました。

処方された薬は毎日飲んでいます。

不安時に飲む薬も時々飲んでいます。

やっぱり飲む薬がある、というだけで安心ですね…。
この感じ、忘れていました。

長い期間になるでしょうが、これからも飲み続けます。

病気に向き合う、というのはあなたのためだけではない

今回のことで妙に意地を張って周りに迷惑をかけていたことに気づかされました。

「死にたい・消えたいって言うけど、それは別に私が言っているわけでなくて
頭の中から勝手に言わされているってことわからないかなわからないよね?」

と言った数秒後に、「死にたい、もう楽になりたい」とめちゃくちゃ言ってました。苦笑
今考えても意味わかんない。泣

もしこんなこと言う人が同じ屋根の下にいたら、そらナーバスになりますよ。

夫に「これ以上は僕の手に負えないから、頼むから病院行ってください」
言わせちゃって気づきました。

風邪でゴホゴホ言って、「熱39度あってインフルエンザみたいですけど、大丈夫ですから」とか
言われたら「マジ病院行ってくれ(そして出来れば近づくな)」となって当然ですよね。

猛省。

これからはちゃんと病気に向き合います。

子連れでメンタルクリニックに行くのって辛い

話を戻すんですが、やっぱり子連れでメンタルクリニックに行くことはお勧めしません。

とはいえ、どうしようもないこともありますよね。

私みたいに実家もなく、義実家にも頼れないとき。
同時に、夫も仕事が休めないとき。(夫は土曜も仕事)

急には一時保育も頼めません。

まさか家に置いて行くわけでもいかず、結局連れていくしかないんです。

連れて行っているお母さんたちも、そりゃ預けられるなら預けたいと思っていますよね。
子どもを預かってくれる心療内科やキッズスペースがある病院が近くにあるとは限らないし…。

もし私のように子連れでメンタルクリニックに行こうと思っているのなら、
もう私のように外で待機させてもらうしかないな、と正直思います。

「順番が来たら電話して頂けますか?」とか言って外に出るしかない。

私も今回は息子がたまたま寝てくれたからよかったけど、次回からはなんとしてでも
預けようと思っています。

産後鬱になる人ってすんごく多いんだから、もっと子連れでも通えるサービスがあると
嬉しいんだけどね…

意外とここのところは進んでいないようです。

以上。

森雨でした。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で森 雨(モリアメ)をフォローしよう!