毒親と絶縁したあとに起こることを段階的にまとめてみた。

毒親について
スポンサードリンク

こんにちは、森雨です。

どんな親でも、親は親。

子どもが可愛くない親はいない。

これは60%間違いではない、とは思いますがあくまでその「可愛がり方」の感覚が一般的である人のみです。

私は数年前に結婚と同時に親と絶縁してから多くのことを学び、またこのブログでも考えてきました。

多くの人からコメントや応援メッセージを頂きました。

その中には「毒親と絶縁するのが怖い」という人は本当に多く、また「毒親と絶縁すると自分自身が崩壊してしまいそう」という不安も同じくらい多かったんです。

絶縁後、親がどうなるか?というよりも、これまで親に色んな意味でべったりだった自分が自立できるかが不安…という声もありました。

「本当に絶縁して大丈夫でしょうか?」

「どれくらい絶縁すればいいですか?」

色んな毒親育ちの人とお話するにつれ、毒親育ちが絶縁後どういう感情でどういう風に親から「自立」していくか?はある程度パターン化されていることに気が付きました。

全ての人に当てはまる!というわけでは決してないのですが(重要)

私を含め、多くの人が絶縁後に私はこうなったよ!というのを今回記事にしてまとめてみました。

これから絶縁する方・絶縁して間もない方・絶縁してかなり経つ方・絶縁された方

全ての人に一読していただければと思います。

(ハードル自分で上げちゃった…(;’∀’))

毒親と絶縁するとあなたに何が起こるのか?

第一段階:とにかく罪悪感・親の来訪に怯える

私の場合、県外に暮らしていたのもあって絶縁を決めるとすぐにメール・電話を拒否設定しました。

それまで1日5回はかかっていた電話は一切来なくなりました。(当たり前ですが)

あっちは私の家は知っていたので、もしかすると「心配させて~」なんて言いながら突然来るかもしれない と毎日ビクビクして怯えて暮らしていました。近くに車が停まる音がすると、急いで隠れたりしていたしチャイムが鳴れば心臓が飛び出そうなくらい ドッキリしていました。笑

スーパーで母にそっくりなおばさんを見るたびに発作か?というくらいパニックになったりも しましたね。

とにかく辛かったです。

あと、罪悪感もすごかった。

「親を大切にしないなんて」「親のせいにするなんて」何度も着信拒否を解除してごめんなさい!と電話しようと思いました。
そのたびに親のセリフや声を想像して(やっぱだめだ)と断念。

罪悪感は大いにありましたが、絶縁する時点でもう親のことを思い出すだけで 恐怖するようになっていました。

今思うと、この絶縁したての時期はかなりつらかったです。

↑そして数年後父が急にマジで来訪したあとはまたあの感覚に襲われることとなった…( ;∀;)

第二段階:怒りが沸々と沸き上がって止まらない

怯える生活の次に訪れるのが『怒り』です。

「どうして私があんな目に遭ったのか?」

「あの時も私のせいにさせられた!」

「クソ親!毒親!訴えてやる!!」

みたいな怒りの感情が親を思い出すたびに起こります。

私はどーーしても親に怒りをぶつけたいと思い、実際に手紙を書きました。内容はあまり覚えてませんが(笑)

確か「あなた方の私にやってきた行為は虐待だったと思っている」 みたいなことを書いた気がします。

あの手紙について父は「数行目を通したがめまいがして読めなかった…」とわざとらしくため息を ついていましたが。
(めまいがするのはこっちだYO…)

毒親育ちのあなたがギャーっと怒りが湧くのは当然ですし、 その怒りをどんどん出してください。 酒浸りになって泣きわめくのも大いに結構。

しかし、それで仕事や家庭をおろそかにするのはあっちの思う壺なので 十分気を付けてね…( ◠‿◠ ) デスヨネー

第三段階:胸いっぱいの悲しみ

次に訪れるのは、『悲しみ』 親と絶縁すると、絶縁できた!という解放感と一緒にこれまでのことで 怒りとあと、悲しみがめいっぱい訪れます。

自分が望むように親に愛されなかった悲しみ。

努力したのに報われなかった愛。 ある意味失恋ですよね。

ドラマでありがちな親子愛を見ると怒りを通り越して悲しみでいっぱいになって見てられません。

(私だって堂々と親孝行したりしたかった…)

もう親の愛は手に入りません。

それまで期待しては裏切られてきた「親に認められる」という夢はもう見られないんです。

これを引きずっているのがボーダーや愛着障害です。

彼らは(私もですが)もう誰も認めてくれないと感じるからこそ病んでいくんです。

「いやいや、あなたは私たちが認めてあげてるよ」

「あなたのこと大好きだよ!」

と新しい家族や恋人や子どもや友人たちがいくら訴えようと「(本来愛されるべき)親から愛されなかったから意味ない」と感じてしまうものなんです。

絶縁は親と決別することによってこの痛みを直に味わうことを想定するからこそ

「私は親と絶縁しません」

と絶縁を断念する毒親育ちは多いんです。

色んな理由を付けても、結局は「親に認められる可能性をゼロにしたくない」という切実な想いからなんだと思います。
その気持ちもよーくわかります。分かりすぎるくらいです。

私が絶縁しません、という毒親育ちの人にきつく言えないのはそういうわけです。

第四段階:共感してくれる人を探して彷徨う

そして悲しみや怒りやらで親のことを考え過ぎてヘトヘトになった頃、他の同じような境遇の人を探してネットや本を探しまわります。

そこにはきっと「えええっ?!私のこと?」「俺のこと?」なんていうエピソードがわんさか載っているでしょう。

これ私と一緒だ、と共感を得ることは何よりの慰めになります。

それと同時に、

(自分の親がおかしい、と思うのは私だけじゃないんだ。自分の親のことを「毒親だ」と思っていいんだ。嫌っていいんだ)と気づくんですよね。

これまで親子関係のことをどこか「自分のせいでは」と疑ってきた毒親育ちにとっては涙が出るくらい嬉しい発見かと思います。

本を読めば読むほど、自分のことが見えてきます。

これまで親の付属品のような人生を歩んできた毒親育ちにとっては苦しいこともあるでしょうが、その痛みこそ「自分らしく生きられている」と
いう何よりの証拠なのかもしれません。
(と、偉そうなこといいますが)

第五段階:親のことを客観視できるようになる

離れて(絶縁して)から数年経つようになると、親の悪いところもいいところも少しずつ見えるようになります。
小さいころのことを思い出したり出来るようになります。夫や仲の良い友人に武勇伝のように毒親育ちの思い出を語ることもあるかも。笑

特に親と離れて子どもを持つようになってからは、「ああいう性格の親だから、子どものワガママが許せなかったんだな」とか「そもそも母方のおばあちゃんってかなり厳格な性格だった。母も毒親育ちだったのかも。夫(祖父)もあんなだし…」

なんて過去にさかのぼって考えられるようになります。

多角的に家族を見ることで過去の「どうして」を解消できます。同時に自分はどうしてこういう性格になったのか?も理解できます。

ここで重要なのは決して許す必要はないということです。いくら親のことが分かっても許す必要などないんです。

親の苦労が分かったからといって絶縁を解消することはしなくていいんです。

なぜなら、学んだのはあなたであって、親ではないから。

多くの毒親たちは自分が子どもを苦しめた、なんてことは夢にも思っていません。

「子どもが一方的に私たちと会わないようにしているから私は不幸」だとは思っても
「子どもに悪いことをした、可哀想なことをした。謝りたい」なんてことは

1ミリも思っていないのです。

何が言いたいかというと、親のことを変えようと思うのではなくまず自分が(過酷な環境で育ったにも関わらず)そこまで成長できたということを誇りに思ってください。

あなたはえらい。すごい。誰にでも出来ることじゃないことが出来ました。
あなたはあなた自身をもっと褒めてあげるべきなんです。

親のことを考えて、同時に自分を褒めたりしてあげることもこれから必要です。

これがなかなか難しいんですよね…

私も富士山で言うとまだまだ六合目くらいなので(笑)

森雨と一緒に自分を認めてあげる訓練やっていきましょう(*’▽’)

スポンサードリンク

気に入ったらシェアしてください!

26 件のコメント

  • 初めまして!タイムリーに子供の頃からの想いを文章にして送ったが、少しの希望が打ち砕かれたところで 毒親検索していたところ辿り着きました。
    返信の冒頭に親として反省と書いておきながら、文章で一方的に伝えるのはずるく、私が成長して人の気持ちをわかろうとすれば、このような事は言えないはずだと 長々と幼少期よりの否定をされてしまいました…しかし、孫に会わせてもらえないのも我慢してたのにあなたの我が儘のせいだから、今週末に孫に会いに行くとのことです。
    心が負けそうになりましたが、こちらのサイトに辿り着いたおかげで、しっかり会いに来るのをお断りしようと思えました
    愚痴になってしまい申し訳ありません
    これからも、ブログ楽しみにしてます

    • 0才男の子ママ様

      初めまして、3才男の子ママの森雨です。

      手紙って本当に親に伝わらないもんだな…と思いますよね。というより、何を言っても通じないんですよね。親にしてみれば「まだ反抗期?」くらいに思ってるんですよね。私も経験があるのでよくわかります。

      >心が負けそうになりましたが、こちらのサイトに辿り着いたおかげで、しっかり会いに来るのをお断りしようと思えました
      それはよかったです!どうも親に対しては期待して裏切られることの繰り返しになってしまいがちですから、自分や家族を守るためにも初めはしんどいですが勇気を出して距離を置いていきましょう。

      また心が折れそうになったらいつでも来てくださいね!

  • 初めまして。
    毒親への対応についてここ数日たくさん調べていてこちらのページにたどり着きました。
    実用的でとても共感できる内容で、何度も頷きながら読みました。これから他のページもゆっくり読ませていただきます。

    毒親から離れた後、親は今頃どうしているだろう…と罪悪感に苦しめられるという件、よく分かります。
    毒親育ちは特に、辛くても「悪いのは自分」「自分さえ我慢すれば現状維持できる」「自分のせいで波風を立てるのは悪」と思ってしまうし…
    しかし私の場合、兄弟(愛玩子)が先に絶縁し、まだ親と連絡を取っている私はその後の親の反応の経過を見ていたので
    親は「子どもに悪いことをした、可哀想なことをした。謝りたい」などと1ミリも発想しないという事を自分の目で確かめる事が出来ました。
    (そして、それを私から聞いていた兄弟も絶縁後の親の実態を知れ、お互いにとって良かったと思います)
    本当に「自分達が悪かった…」という発想は1ミクロンも無いんですよね。それどころか自分達を守るためならもっと明後日の方向へ解釈していました。
    改めて毒親の思考の異常さに驚愕しました。

    そして、私も今これから親との絶縁をするつもりです。
    私の場合、搾取子の方だった事と、後に残った方だったため親からの「逃がすもんか」というしがみつきが強くなりそうな心配があり
    スムーズに逃げるためには兄弟のような「はっきり絶縁」か、「フェイドアウト」のどちらが良いのか悩んでいる所です。
    「絶縁」だと刺激された親が強行手段に出そうだし、「フェイドアウト」だと親が全く察さず空けた分の距離を無理矢理詰めて来そうだしで…
    自分を一番大事にする事を忘れずに、気を強く持って頑張りたいと思います。

    • きな粉餅様

      初めまして、森雨です。

      多くの毒親育ちの人は絶縁後も(もしかしたら親も自らを反省して…)と思ってしまうものなんですよね。絶縁しているから自分の目で確かめることが出来ないし…。
      >本当に「自分達が悪かった…」という発想は1ミクロンも無いんですよね。それどころか自分達を守るためならもっと明後日の方向へ解釈していました。改めて毒親の思考の異常さに驚愕しました。
      そうなんですよー!「こういう人たちが本当にいるんだ!」とびっくりですよね。(それが親だっていうんだから尚更…!)

      >スムーズに逃げるためには兄弟のような「はっきり絶縁」か、「フェイドアウト」のどちらが良いのか悩んでいる所です。
      私の場合ある日連絡を一切断った!というところから始めました。でもその前から離れて暮らしていたのでどっちかというと「フェイドアウト」ということになるかもしれません。でも、どちらにしろ「もうあなたたちの指図は受けないです」という態度は一貫しておくのが重要なのかもしれませんね。

      晴れて自由の身になる日が一日でも早く来るよう、応援しています!頑張ってくださいね!

  • こんにちは。今日初めてこちらのブログを拝見しました。母親からの着信を無視し始めたばかりの段階です。電話が鳴って「母」の文字を見るだけで恐怖で震えてしまいます。思い切って着信拒否をしてみようかと思っています!
    本当に心への負担が大きくて、1日ブルーでいます。

    • みの様

      初めまして、森雨です。

      着信拒否のほうが絶対良いと思いますよ!
      私も初めは無視する…という方向でやってたんですが、無視するのって罪悪感が残って続かないと思います。
      それならいっそ【電話が来たかどうかも分からない状態】=【着信拒否】のほうがいいですよ。

      初めは苦しいですが、徐々に慣れてくるはずです。ぜひこのまま頑張ってください!

  • 私生活ではなかなか周りに言えない毒親の悩みについて書いていただき、ありがとうございます。
    親は全く悪く思っていない、、、正しくその通りだとすごく共感しました。

    今は旦那と子どもと幸せに暮らしていますが、
    共働きで家事はほとんどわたしがやっているのに「育児放棄をしている」「旦那さんや子どもがかわいそう」「あなたのために言ってあげているのに」など悪口のオンパレードです-_-b

    旦那からもそうではないと直接話しても、一週間後にはまた同じ話。

    2人目妊娠中ですが、子どもが産まれても絶対報告したくないです。
    (1人目も普通分娩ですが陣痛がきた日にちが悪いと散々責められました。
    2人目を早く作れといいつつ、妊娠の報告をすると「また育児放棄するつもり?」と言われる始末)

    もう会わなくてもいいですよね?

    • みかん様

      初めまして、森雨です。

      もう会わなくていいですよ~。同じ話を繰り返してくるのってみかんさん夫婦の話を聞かずに自分の言いたいことだけを言いたい!という感じなんでしょうね。
      めんどくさいしうんざりしますよね…わかります。

      もう会いたくない!という気持ちがあるならそれを大事にしてください。
      家族はもちろん自分自身を守れるのはやっぱり自分だけです。

      私も二人目妊娠中です!お互い身体に気を付けて乗り切りましょうね( ;∀;)

  • 初めてブログを読まさせて頂きました。私は現在、看護学校3年目で一人娘、俗に言う毒親を持つ者です。筆者様の体験を読まさせて頂き、すごく励まされました。20年間、親の言いなりになり、好きな人とも付き合えず、家の中では正しいことしか言えないためいつも自分の意見は押し殺してきました。しかし、自分の人生なので、これからは好きな人と好きな場所で好きなことをして生きていきたいと思ってます。先日、親から勘当され親を捨てて出ていくことは親不孝者なのかとすごく悪いことをしている気持ちになりましたが、思い切って家を出てみようと思います!同じ毒親をもつ者として、度々コメントさせていただきます!

    • まるちゃん様

      初めまして、森雨です。
      20年間の重荷を下ろすのは大変だろうけど、絶対スッキリしますよ!保証します。
      絶縁は悪いことというイメージがある人が大半ですが、一時でも長い間でもお互いに距離を持つことで互いの人生を見直すきっかけになります。
      親にとってもいいことだと私は思っています。
      またコメントお待ちしています(^^)/

  • 森雨さん、お早うございます。
    私の父は、新婚旅行のお土産にあげたネクタイを、知り合いが来た時、手土産として渡していました。姑が産後の私が食べるようにくれた生鯛を、母は、姉が出掛ける際に、手土産として持たせました。
    また、阪急の商品だといい、内職先でもらった不良品の子供服をくれました。(着られたもんじゃないから、母に返した。)子供用マウンテンバイクをあげるといって、嘘をつき、汚ない自転車を取りに来させました。次に、黒真珠を取りに来いと言われたので、もう騙されるもんかと、絶縁しました。絶縁の10年以上前から、「結婚して何年もたつのに、男を連れて帰って来る人なんて何処にもいない」と怒られていたので、電話を拒否するだけで絶縁できました。簡単でした。
    森雨さんのブログは、私の気持ちを思いだし、共感できる、テキストになりました。

    • のん子様

      お返事が遅れました。

      絶縁って案外思い切ると早いんですよね。笑 私も着信拒否すればよかっただけだったので「なんだぁ」という気分でした。(それからは葛藤があったけど)
      共感していただけたようでうれしいです!ありがとうございます。

  • 初めまして、「親、絶縁」と検索して1番めにたどり着きました。
    私も結婚と同時に絶縁したのですが、うっかり住所を教えてしまっていて(電話番号は変更)
    手紙が届きとてもイライラと罪悪感で調子が出ませんでした。
    「こどもには1ミリも悪いと思っていない」という一文を見てハッとし、
    ちょっと胸のつっかえが取れました…素晴らしい記事をありがとうございます!

    今はお金持ちになって引っ越して、完全に縁を切ってやるぞ!
    という気持ちでいっぱいです笑 がんばります!

    • おつまみ様

      初めまして、森雨です。

      毒親から手紙が届くと調子を崩して一気にナーバスになって大変ですよね…よくわかります!

      >今はお金持ちになって引っ越して、完全に縁を切ってやるぞ!という気持ちでいっぱいです笑 がんばります!
      手紙なんて無視ムシ!「なんか親に悪いかも」なんていう呪詛はその強い意志で振り払って下さい!
      お互い頑張りましょう(^^)/

  • 始めまして、なっちと申します。
    ブログを拝見致しました。
    私も毒親でアダルトチルドレンと呼ばれる部類で親に放置されて育てられた方でした。
    両親を好きになれず、絶縁するのも、時間の問題でしたが、
    最近、父親がいなくなり、心の中がホッとしている自分がいます。
    毒親と絶縁すると自分に起こる事は、このブログ通りに経験しましたが、
    最近、心の中で自分を解放しても良いのではないかと思っております。
    自分が生きていく限り、自分の中で葛藤はあるかとは思いますが、
    気長に自分と向き合っていけたらと思います。
    ありがとうございます。

    • なっち様

      初めまして、森雨です。

      >自分が生きていく限り、自分の中で葛藤はあるかとは思いますが、気長に自分と向き合っていけたらと思います。

      自分と向き合い、自分を許したり癒していくのは時間がかかりますよね…。私も多くの人がそうであるように、その最中です。
      一緒に(無理せずに)自分のための人生を作っていきましょう!

      コメントありがとうございました。
      また読んでくださいね(^^)

  • 初めまして。
    毒親 おすすめ本 で検索していてこちらのブログにたどり着きました。
    あたたかみのあるイラストに惹かれて過去記事を読み始めたのですが、読み進めるうちに胸があつくなりました。
    私も実家と絶縁して5年ほどになります。よーーやく第四段階です!
    これまで周りとなじめないことが多く落ち込みも激しかったので、自分と同じような感じ方・考え方の人との出会いは本当に本当に心の支えになります。
    それこそ森雨さんの記事は何度も読み返しています。お勧めしてくださっている書籍もレビューを頼りに少しずつ読み始めています。
    子育てやお仕事などお忙しい中これだけの強い言葉をおくり続けてくださっていることに深く感謝です。
    確固としたバイタリティーがなければできないことだと思いますよ。
    これからも応援しています!長々と失礼いたしました。

    • おはぎ様

      初めまして、森雨です。
      応援嬉しいです…ありがとうございます!

      絶縁という大きなハードルを乗り越え、第四段階まで来たということはおはぎさんもかなーりしんどかったですよね…。
      その人には言えない苦しみが私にはわかります…。本当にお疲れ様です。

      私の記事が少しでも役に立つならよかったです。
      これからもガシガシ書くのでよろしくお願いします!

  • はじめまして。
    森雨さんの記事を読んで、少し楽になりました。
    わたしも毒母育ちで、今は一切の連絡を絶っています。
    わたしがだらしないのもありますが、小さい頃から何をしても怒鳴り散らされ(友達と遊んで楽しそうにしてても怒られていました(笑))、その度に自分が悪いと思って謝って、、その繰り返しでしたが、去年心療内科の先生に「物理的に距離を置いたら?」と言われ、最初は罪悪感でいっぱいでしたが、実際に距離を置いたら、精神的にも安定してきました。
    ですが、先日父親(母とは離婚していて毒親ではない)から、「お母さんも心配してるから連絡して住所も教えてあげたら?」と言われ、揺らいでいます。
    きっと今連絡したら、着信拒否していることやずっと実家に帰っていないことについて怒鳴り散らされ、人格まで否定されるかと思うと憂鬱です。
    電話は怖くてできないけど、手紙くらいは出そうかと思っていますが、なんて書けばいいのかまだ分かりません。

    同じような人がいるのだ、と思って安心しました。

    長々とすみません、、、

    • ちこ様

      初めまして、森雨です。

      記事で少し楽になれたとのこと、よかったです!

      とりあえずちこさんの気持ちが落ち着くまで連絡はしないほうがいいと思います。
      「連絡したら?」「住所くらい電話してあげたら?」とまあ色々言われるとは思いますが(私も未だに親戚から言われます)
      「まあ、そのうちに…」「気が向いたときに」でスルーして大丈夫です。
      毒親と離れてようやく自由になれたのに、今さら気を遣わなくてもいいんですよ~。

      手紙も、電話も無理しなくて大丈夫。
      相手にどう思われようと、自分のことだけ考えていればいいんですよ。嫌なことは嫌、でいいんです。

      …と、勝手にアドバイスしてみました。笑
      参考にしてください。

  • 1人目の産後はまだ母の支配下だったけど
    2人目の妊娠中に、なぜかどんどん母の
    くだらない余り物やもらい物の差し入れに
    激しい怒りを覚え、ごみ袋に叩きつけて
    捨てていたら、今まで何十年か我慢していた
    ことに気づいてしまいました。

    可愛い2人目の赤ちゃんを見ながら
    過去への怒りで泣き叫んでいて
    とても辛く、苦しいです…

    泣きながら、読んで、すごく励まされました。
    スマホを置いて2人目を抱っこして
    遊んであげようと思います。

    これからちょくちょく、読んで
    楽になりたいと思います。

    ありがとうございます。

    • 姉妹の母様

      初めまして、森雨です。

      辛いですよね、、お気持ちはよくわかります。
      特に産後はメンタルも弱ってきますし、過去のことも考え込んでしまいますよね。
      私の記事で少しでも気持ちを落ち着けていただけたらと思います…!

  • 共感しました。
    自分が悪いとは1ミリとも思ってないのか…。
    私はまだ3歳の自分の娘に怒ってしまっては、私は母と同じだ!と辛くて、逆に娘に謝り過ぎてしまうというのを繰り返しています。母のようになりたくない、という気持ちが強すぎるのかもしれません。

    • ふーママ様

      はじめまして、森雨です。

      母と同じようにしないように!と意識しすぎるとしんどいですよね…。
      必然的に母に育てられたので母の子育てに似通ってくるのは仕方ないかと思うんです。
      私は私!と思えるようになるといいですが、なかなか難しいんですよね…。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUT US

    mori ame
    夫と3才男子、猫と暮らす凸凹主婦。 結婚を機に実家家族と絶縁。毒親育ちで子育てする苦悩や葛藤の中から、考えたことや発見したことを綴っています。 趣味は銭湯通い。