こんにちは、森雨です。

今回は6年前に親と絶縁して、今春結婚式を挙げる予定のるいさん(30代女性)の毒親体験談です。

るいさんの母は夫への恨みがすごく自分の人生が悲劇的なものになったのは夫のせいだと言って
常に夫婦喧嘩が絶えなかったそうです。

その夫婦の間に挟まれ、一人で必死に生きてきたるいさん。

6年前に毒親と絶縁するまでも、また絶縁してからも相当苦しい立場に
置かれていたそうです。

支配的な母親を持つ全ての人に聞いてほしい体験談です。

スポンサードリンク

両親の喧嘩や罵る声を聞いて育った

森雨森雨

送って頂いた体験談を読ませていただいたんですが…。ご両親の夫婦喧嘩ってどんなときにどんな風に起こるんですか?


るいさんるいさん

毎日のように起こります。「騙された!」「あんたと結婚さえしなければ!」って母が怒鳴って父が「うるせー!」って言って怒鳴って。
しまいには「あんたが力尽きるまで言い負かしてやる!」「私は辰年で強い性格だから喧嘩は必ず買う!絶対負けたくない!」と言ったりして。とにかくいつも父と喧嘩してましたね


森雨森雨

うわー…。間に挟まれた子どもはたまったもんじゃないですよね

聞いているほうも「どうしてそこまで!?」というくらい強い怒りを父にぶちまけるるいさんのお母さん。
るいさん曰く、お母さんから聞かされた恨みの原因はたくさんあり、それは結婚前のことから結婚後のことまで多岐にわたるそうです。

るいさんるいさん

辛かったのが、いつも母に「あんたもそう思うでしょ!?」と味方になるように求められたことです。母の剣幕もあり、何も言えないでいると「あいつの味方なの!?」って言われたり

「食事中でも父に愚痴をこぼす母に対し、父は『うるせー!』と叫んでテーブルを拳でゴン!としてみそ汁ばしゃ!みたいな生活でした」
お父さんは何を言われても毎回「うるせー!」と言うか、無視するかの行動しかしなかったそうです。

森雨森雨

子どもであるるいさんに怒りが向くことはなかったんですか?喧嘩のときに


るいさんるいさん

それは無かったです。ただただ喧嘩する間は二人の世界という感じで見えてなかったみたいです


森雨森雨

もうやめて!って泣いたりしても?


るいさんるいさん

はい

夫婦喧嘩はどこの家庭でもあることではあると思うんですが、あまりにひどい喧嘩を繰り返し子どもの前で見せつけるというのは虐待以外の何物でもないと思います。
私も両親の喧嘩(というより父から母へのDV)は見るのも聞くのも本当に辛かったです。大人になった今なら「よそでやれ!」と言えないこともないですが、子どもは恐怖でそれどころじゃないですよね。

理想とプライドが高すぎる母

るいさんのお母さんは過去の栄光にすがりついて生きていました。

事あるごとに「昔東京で働いていたときはこんな生活をしていて楽しかったのに」と
「あんな楽しかった生活が奪われたのはあんたの父親とあんたのせい!」昔の自分を
思い出しては家族を攻撃していたそうです。

るいさんのお母さんの育った世代はちょうど高度経済成長期とバブルで、
どんどん生活も収入も良くなるような時代でした。

るいさんのお母さんもその恩恵をしっかり受け、青春を謳歌したんだと思います。

しかし同時に周囲が結婚していく中で持ち前のプライドが働き、あわてて結婚した相手が
るいさんのお父さんでした。

箱入り娘として育ったお母さんは当時「まあ気が合わなかったら離婚すればいいや」と
気軽に考えて結婚したまでは良かったですが…

森雨森雨

つまり、お母さんの理想通りの夫じゃなかったんでしょうね


るいさんるいさん

父は結婚当時は特に収入も少なく、式の費用も母方が出したそうです。また高卒だって聞いていたのに中卒だったりして母はそのころから恨んでいたそうです

お母さんを甘やかす祖父母(母の両親)は、近くにまで引っ越してやりたくもない家事をして可哀想な娘をサポートしていたそうです。
また、姑は「女は一歩下がって男を立てる!」といったような良妻賢母を押し付けてきて…

森雨森雨

厳しい姑とやりたくもない家事。「こんなつもりじゃなかった」ってなっちゃったんでしょうね…

【父ってどんな人?】死産が父への恨みをエスカレートさせた

ここまで聞くと、そんな妻を持った父が気になります。
しかし、実はここまで母が父を恨むきっかけに出来事があります。
それはお母さんがるいさんの姉にあたる赤ちゃんを死産していたことです。

るいさんるいさん

姉の話はしょっちゅう母から聞かされました。母にとって姉の存在は「何でも受け入れてくれて、許してくれる存在」だったみたいです。今では母は「姉だけが自分の子ども」だという認識でいたんじゃないかと思います。


森雨森雨

ちょっと気になったんですが、お父さんはもしかしてお母さんが死産したときにフォローが足りなかったんじゃないでしょうか。そういう話聞いたことありますか?


るいさんるいさん

あ、はい。確かに母は父が死産して苦しい思いをしていたときも「あいつだけ他人事みたいな感じだった!それが今も許せない」と言ってましたね

死産って相当母親にとってはショックだったと想像できるんですが、そんなときにフォローがないのは辛かったでしょう。
(私でも恨んでしまいそう…)

そもそも、お父さんとはどんな人だったんでしょう。

るいさんのお父さんのお仕事は役所勤めという堅いお仕事。
社交的な性格ではなく、寡黙な人でるいさんは休みの日も父の遊び相手をさせられていたらしいです。

るいさんるいさん

遊び相手といっても、子どもと遊んでいるというより父のやりたいことや行きたいところに連れていかれるという感じでした。サイクリングに行ったときも父のペースについていけないでいると「だらしない!」と一喝されるくらいだったんです


森雨森雨

うーん。どうやら人の気持ちにかなり疎い人だったんでしょうね。話を聞く限りは周囲への心遣いというのがまるでない感じで…。まあだからあのお母さんの恨みにも耐えられたといえますが

お父さんは幼少期に父を亡くしており、女手一つで育てられたそうです。
母は長男に対する期待もあったでしょうが、めんどくさがって家を継がずにさっさと弟さんに渡したらしく、その辺のことも含めて人格に疑問が残ります。

妻とも険悪、友達もいない。そのうえ、誰かを愛する術も知らない。

見えない形でお父さんも苦しんでいたような気がします…が、荒れ狂う妻とその被害に遭う娘を放置した罪は重いです。

スポンサードリンク

どうしてみんな自由に生きられるの?

大学生になったるいさんは親以外の色んな人と接して初めて、
人の温かさにふれたと言います。

明るく、天真爛漫な同級生たちの姿を目の当たりにし、

「どうしてみんなそんな自由に生きられるの!?」

と感じ、またその子たちの優しい両親たちと触れ合ったときは、
「私みたいな人間にこんなに優しい…どうして!?」とカルチャーショックを受けたそう。

森雨森雨

常に怒りを携えて生きる両親のもとで育ったら、まあそうなりますよね


るいさんるいさん

でも色んな人に出会って、楽しい大学生活を送っていると母に「私はこんなに苦しんでいるのに」って恨まれました。私は芸術系の勉強をしていたので文章を書くのが得意だと思いこんだ母が、「私の人生がいかに苦労したか自伝にして発表してよ!」って言ってきたりしたときは驚きました。でもそのときは母が一瞬でも楽しそうにしているのを見て嬉しかったんですが…


森雨森雨

ええっ自伝…ですか…

大学生活が楽しかったせいで母に対する罪悪感があったという、るいさん。
大人になってからもお母さんの機嫌をうかがって、自分の気持ちより家族の気持ちを重視するようになっていました。

周囲の同い年の楽しそうな女の子たちに対して感じる、劣等感と妬みに悩まされていたそうです。

るいさんるいさん

すぐに「どうせ私は…」「私なんか…」って考えて、人間関係もうまくいかないし、当時付き合っていた人に対して承認欲求が激しくて本当に辛かったです。今でも辛いですが、当時は自殺を考えるほどでした


森雨森雨

初めて外の楽しい世界に触れてそれまでの自分の置かれた環境と比べて余計に辛くなったんですね


るいさんるいさん

私が中高生の頃から母は占いにハマって、テレビで○○座は最下位ですなんて言ってると「もうダメだ死んだほうがマシだ」って言ったり、本屋で適当な占いの本を買ってきて私を勝手に占って「今日は悪いことが起こるから部活になんて行くな!」って言ったりしてて、反抗したりすると母は半狂乱になって泣いて祖父母に電話して「るいが言うことを聞かない!」って訴えたりしてました。それで結局「頼むからお母さんのいうこと聞いてあげて…」ってなって


森雨森雨

なんでやねん。笑


るいさんるいさん

もう祖父母も庇ったりしてくれなくなって、余計辛かったです。いとこと特に比べられたりして、お母さんもお姉ちゃんはあんたに比べて、だとか、いとこの○○ちゃんは、って言ってばかりで。完全に母の妄想なんですけど、とにかく私と比べて責められました

占いに走る、というのはうちの母も同じでした。(まあうちの母は「ちゃんとした」占い師に数万払ってましたが。笑)
るいさんのお母さんは専業主婦で働いていない上に家事も嫌いで最低限しかしない、といった人だったので余計暇でそんなこと熱心にしちゃったんでしょうけど、いい迷惑ですよね…わかります。

物分かりよく周囲の機嫌に合わせているとなぜか標的にされやすいんですよね。
「あいつになら何言ってもいい」と都合よく扱われたりして…

森雨森雨

わかりすぎる…!

スポンサードリンク

【絶縁を決意】自分はアダルトチルドレンだと知った

るいさんは本屋でたまたま『毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社+α文庫)』を発見し「私はアダルトチルドレンだったんだ」と気づいたそうです。

「物理的に距離を置く」「対決する」という言葉の通り、何年もかけて貯めたバイト代で引っ越し先を決めて
「もうこの家では暮らせない、ずっと苦しかった」と、お母さんに本音をぶつけて就職と同時に家を飛び出したんだそうです。

1人暮らしをしていても母の度重なる鬼電はあり、愚痴や脅しは続いたけど、母と離れたり自分を見つめなおして自信がついたるいさんは
母の「死んでやる」という脅しもスルーできるようになったそうです。

森雨森雨

本当によかった……!


るいさんるいさん

母はそれでも負けじと職場に電話をかけて住所を聞き出そうとしたこともありました。私の住所を聞き出そうと友人の職場に電話をかけたこともあり、そのときは電話受付の方に1時間くらい愚痴を言ってたそうですが…


森雨森雨

友達の職場に!? そ…それはめちゃくちゃ迷惑な話ですね。ていうか怖い


るいさんるいさん

さすがに友達も「お母さんヤバくない?」って。「今度電話があったら業務妨害で通報して」って言ってます

そのあとようやくお母さんは落ち着き、るいさんも安心して一度彼氏を紹介したそうですがそこからはまたぶり返したように
「男作るなんて認めてない!」「年齢が気に入らない」と父も一緒になって暴言を浴びせられたそうです。

森雨森雨

さもありなん…


るいさんるいさん

彼氏を否定されたのは悲しかったですが、何より、憎み合っていた父と母が私を攻撃するために結託したのが悲しかったですね

るいさんは母に電話口で「死ね!」と絶叫されていよいよ「もう一切の関わり合いを絶とう」と決意。
実家あてに絶縁の旨を書いた手紙と実家の鍵を送って今に至るそうです。

母の理想の娘にはなれなかったけど…

森雨森雨

他にしんどいことってどんなことがありますか?


るいさんるいさん

仕事や何かでミスしたり、うまくいかないことがあると頭の中にファッション誌から飛び出してきたような清楚な服装の女の人が出てきて「あんたダメねー」って言ってくるんです。母は私のことを他の同世代の女の子、いとことよく比べて「あんたは(あの子たちに比べて)ダメだ、ダメだ」ってよく言っていて。そのせいかもしれません


森雨森雨

なるほど。お母さんの呪いがしっかり頭に張り付いているんですね…

お母さんは自分自身も「理想」が手に入らなかったという想いから、るいさんにも「理想」を持つように強制したんだと思います。

森雨森雨

私は私のままで良いんだ、という自己肯定感って毒親育ちだと育たないんですよね

るいさんるいさん

あと、夫と言い合いになった時に正論を夫に言われたりすると「あなたは両親に愛されて育ったから」と妬むのと同時に(私は間違っている、私はダメ人間だ、死んだほうがいい)と発想が0か100かで極端になってしまうんです。嬉しい、楽しいという感情にまだ慣れてなくて、自分で自分の首を絞めている感があります


森雨森雨

よくわかります。どれも愛着障害ではよくありますね


るいさんるいさん

自尊心や自己肯定感は低いのに、プライドはやたら高いのも…辛いです

るいさんの場合、失敗すると「お母さんの理想の女子たち」に笑われたり、けなされたりしないかとビクビクしてしまうということですが
その女子たちの目はすべてお母さんの目ですよね。
「お母さんはここにはいない」と頭ではわかっていてもやはりお母さんの呪いは続いているようです。

森雨森雨

お母さんとは今でも完全に絶縁出来ているんですか


るいさんるいさん

結婚した時に一度封書が届きました。娘を心配する旨がつらつらと書かれていて「今更何なんだ!」と鳥肌が立ちました。知人の職場にも定期的に電話していて、現在進行形で母からの追跡を逃れている最中です


森雨森雨

ゾっとしますね……

るいさんは今ではお母さんの愚痴や支配のない世界で優しい旦那さんと人生を歩んでおられるそうです。
義実家の人たちが必要以上に絶縁について突っ込まなかったことは旦那さんの理解とフォローがあったからだと思うと本当に良かったと思います。

森雨森雨

絶縁して6年、というと私と同じくらいです。お互い親から離れてこれからちょっとずつ自己肯定感を養っていかなくてはいけないですね…無理せず頑張りましょう。
るいさん、ありがとうございました!