【絶縁4年目の真実】期待してるところ申し訳ないけど、親はまったく傷ついていないのです。

毒親について
スポンサードリンク

こんにちは、森雨です。

私の親との絶縁期間もとうとう4年を過ぎました。

本当に絶縁前には考えられなかった自分と親のことがボンボン頭の中に浮かんで
慌てて記事にしていったのがこのブログです。笑

というわけで、絶縁歴セミプロの私がこれまでに分かったことを
簡単に今回はまとめてみたいと思います。

親に期待しない、という楽なメンタル

親と絶縁して自分自身最も変わったなー、と思うのが
親に期待しなくなったことです。

絶縁する前は、親にこれまで辛かったことを訴えて、泣いて、喚いて、殺意をみなぎらせて
いました。

しかし、今では怒りもなければ恨みもありません。
ぼんやりとした悲しみが心の中で転がっているだけです。

絶縁して月日が経ってみると「ああ、私は親にずいぶん期待していたんだなぁ」と思い出します。

子どもの頃から暴言・暴力の世界にいたため、いつまでも「親が改心するかも」「親が『雨ちゃんはいい子ね』って抱きしめてくれるかも」
という理想を思い描いてきました。

しかし、夢は夢のまま。
私は親から褒められることも、なでられることもなく大人になりました。

大人になってからも、親が好きそうな服を着て、親が好きそうな職に就き、
親が好きそうなお菓子を買い、親が好きそうなものを好きになりました。

いつか親に認められたいという夢が捨てきれなかったんです。
だから余計に辛かった。

でも、絶縁してから。
親に「もうあんたたちの指図は受けねぇぞ!」って縁を切ってからは
親に期待しなくてよくなりました。

こちらから啖呵を切って絶縁したからには、頭をなでられて抱きしめられることもない。
「オニイチャンたちより好きよ」なんて言われることもない。

親は死んだものと思って考えるようになりました。

するとはじめは悲しかったし、怒りもあったんですが徐々に「仕方ないこと」と
考えられるようになったのです。。

だから今親に対して怒りがあるという人はそのうち(こう言っちゃなんだけど)もういないものと
して考えられるようになります。マジで。

スーパーで親が好きだったお菓子を見るたびに(く…あの人(母)が好きだったものだ)と
見たくもない!という感じでしたが、今では、

「これお母さんめちゃくちゃ食べてた~アハハ」という感じになりました。
もうハッキリ言ってこの世にはいないような感覚なので全く平気です。笑

……書いてて怖くなってきた。
でも事実です。

親は傷ついていないよ。罪悪感感じるのなんて無駄だよ

よく質問で、

「母と絶縁したら、母は死んでしまう気がします」

「親と絶縁するのはそのあとが怖いです」

という人が本当にたくさんいるんですが、これ勘違いなんです。

覚えててほしいんででっかい字で書くんですけど、

あなたの親はまったく、これぽっちも傷ついていないのですよ。

あなたが「もう家出る!」と鞄を持ったらオヨヨ…と泣く母もいます。
怒って大暴れしたり、
何かよくわからないことを(あなたが傷つきそうなことを)言って抵抗する親もいます。

このときあなたは多少なりとも色々と罪悪感を感じることになると思うんですが、
はっきり・きっぱり言って親たちはあなたが家を出ることにイチミクロンも本気で傷ついたり
していないので覚えておいてください。

これは私の実体験なんですが、昔母と私が絶縁状態でほんと2年ぶりくらいに会ったとき、
突然私の前に来て、口を開いてなんて言うかと思ったら
「母は雪解けを待っています…」
ってうっとりした顔で言ったんですよ。涙浮かべて。

私はその表情にマジでゾッとしました。
そして同時に「あー…この人私について何とも思ってないわ」
って心からホッとしたんです。ある意味。

子どもの反抗期の雪解けを待つ心優しいヒト=ワタシ!(親)

という美しい図式のなかに、私の気持ちやら状態が入り込む隙も無く、
そこにあるのはただただ自身の気持ちだけ。

そう思うと、そもそも子どもの感情や意志を無いものとして扱ってきた彼らにとって
今さら「絶縁する!」という強硬手段を取らざるを得なくなった子どもの気持ちなんてわかりっこないわけです。

知る手段もない。

だから「絶縁すると親は悲しむかも」なんて思うのは無駄というものです。

以上。

今回は短いですが重要なので書いておきました。

森雨

スポンサードリンク

気に入ったらシェアしてください!

4 件のコメント

  • はじめまして、「毒親育ち 死にたくなる」なんてキーワードで検索しているうちこちらに辿り着き、様々な記事を読ませていただきました。

    摂食障害やら鬱やら書ききれない程こじらせてきた者です。少し長くなりますがコメントさせてください。

    今私は絶縁4ヶ月目で、罪悪感の中にいます。両親ともに毒親ですが、現在苦しまされるているのは断然母親です(両親は離婚しています。父親とはもう少し早めに絶縁しました)。うちのは悲劇のヒロインになりたがる人で、かと思えば支配してみたり拗ねたり放置してきたり、…ここらへんは「母と娘の方がこじれやすい」の記事でものすごく納得できました。「セックスレス」の記事や「団塊、老害」の記事からも両親の異様な振る舞いに着地点を得られたようでスッキリしました。
    1ミリも悲しんでないのくだりは…先日夫にも言われましたのでなんだか安心したのもあり(私は悪くないよねって)、頭ではそりゃそうだろうと深く納得。ただこれまで幼少の頃より植え付けられた種がメキメキっと騒ぐのですね。助けなくていいのだろうか、お母さんは悪くないと言ってあげないと、など(悪いんですけどね、種がそう言わせるのでしょう)。
    でもこの状態も一生続くわけでは無さそうだと希望を持てました。実際絶縁する前に比べて心はたいそう好調ですし、幸せになっていいんだとやっと思えています。
    過去記事、まだ未読のものがあるのでまた楽しみに読みにこさせて頂きます。貴重な記事をありがとうございます。感謝をこめて。

    • はじめまして、森雨です。
      コメントありがとうございます。他の記事のものもすべて読ませていただきました。

      絶縁4カ月目だとまだ親に対する罪悪感や良心の呵責でしんどい時期ですよね…。よくわかります。

      >ただこれまで幼少の頃より植え付けられた種がメキメキっと騒ぐのですね。助けなくていいのだろうか、お母さんは悪くないと言ってあげないと、など(悪いんですけどね、種がそう言わせるのでしょう)。
      お母さんの『共感して!』『慰めて!』『私頑張ってるでしょ?!』という想いを認めてあげなくてはいけない、
      という責務からどちらかというと娘のほうが苦労するものなんですよね。
      だからこそ(私はあなたの『安全基地』にはなれないんですよー)という意思表示のためにも距離を取らなくては一生依存関係になって苦しむことになっちゃうんです。
      言い換えると、幼少期から植え付けられた種は芽を出して、今のあきらさんが育てている花に必要な養分をどんどん吸収してしまうので思い切って取ってしまわないといけないということです。
      お母さんは自分で自分の養分を探せばいいから大丈夫です。だから「わざわざ私の花の養分を取らないで、自分で探してね☆」でOK!

      ご主人も毒親育ちの方なんですね。
      ぜひ一緒に記事を読んで参考にしていただければ幸いです。

  • 色々読ませて頂きました。
    絶縁後何が起こるかの文は、全くその通りとしか言いようがありません。
    ああ、なぞる様に同じ思いをされた方がいる。そう思いました。
    私は7年(8年目?)です。
    未だに家電が鳴ると、恐怖で出れません(笑)
    「絶縁すると親は悲しむかも」は、私も同じく考える必要なしと思います。
    ただ悲しむふり自体を楽しんだり、可哀そうな親の味方を増やす為に「悲しむ顔」を作るようです。
    それに面白いように、周囲は騙されてます。
    騙された者が時折和解をもちかけてくるのが絶縁後の最大の苦痛かもしれません。何せ忘れた頃に、計ったように忘れさせまいとされるのですから。

    • パクチー様

      初めまして、森雨です。
      共感していただいてありがとうございます。

      >「絶縁すると親は悲しむかも」は、私も同じく考える必要なしと思います。

      そうなんですよね、私も毒親育ちで絶縁しようか迷っている方にいつもそう
      言っています。
      でも、親に期待しながら育ったためか、皆なかなかそうは思えない(思いたくない)ものなんですよね。

      >騙された者が時折和解をもちかけてくるのが絶縁後の最大の苦痛かもしれません。何せ忘れた頃に、計ったように忘れさせまいとされるのですから。

      あーー、わかります!「電話しなよ~」とか言われますよね。
      (ほっといてくれ…)と封印していた罪悪感を感じて辛い気持ちになりますね。

      パクチーさんはもう絶縁8年くらいになるんですね。
      お互い親から解放された自分の人生を謳歌しましょう( ;∀;)

      コメントありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUT US

    mori ame
    夫と3才男子、猫と暮らす凸凹主婦。 結婚を機に実家家族と絶縁。毒親育ちで子育てする苦悩や葛藤の中から、考えたことや発見したことを綴っています。 趣味は銭湯通い。