【#私が父親を嫌いになった理由】家族にモラハラを繰り返す父親の正体とその対処法

「男はオオカミ」という寛大さ
毒親について
スポンサードリンク

こんにちは、森雨です。

モラハラ父を持つあなた。
モラハラ夫を持った母。

そんな機能不全家族の中で生きてきた方はいませんか?

『毒親』というと、どちらかというと母親に注目が向きやすいんですが、実は毒父を持っているという人も多いんです。

しかし、毒父は毒母と違い目立ちません。

先日、Twitter界隈でこんなハッシュタグが話題になりました。

#私が父親を嫌いになった理由

出るわ出るわ、超壮絶なお父さんを嫌いになったときのエピソード。見方によっては、お母さんを毒母だという人よりずっと生々しくて残酷な父親の話。


↑小説家の玉谷さんのツイートがきっかけに。

父親からの性的なからかい、ちょっかいは私もあります。毒父を持つ人なら多くの人が経験があるんじゃないかと思います。

娘に対する「きわどい」(ていうかほとんどアウト)の性的な接触をしていた父。

そして法的にも世間的にも許されてきた父の正体。

今回は探っていきたいと思います。

セクハラ・パワハラを繰り返していた父を愛していた私たち

父親からの虐待は見えにくい

私の父は今60代後半くらいですね。
以前対決して以来会っていませんが、風の噂で病気がちで通院していると聞きました。

きっと周囲に同情を引こうと一生懸命病人やっているんでしょう。
まったく同情出来ない絶縁娘は「ふーん」としか思いません。

そんな私は子どもの頃から暴力的で母にDVしまくっていた父が好きでした。
気分屋の父は機嫌のいいときは既に小学生の私を抱っこしたり、おんぶしたりと可愛がっていました。
その光景は「いいパパ」であり、私にとっても「いい父」でした。

私はそんな父が好きで、友人の前でも父の話ばかりしていました。
「いいな~、雨ちゃんのお父さん優しくて!」とよく言われていましたね。

しかし、それはあくまで機嫌がいい時の話。
仕事やなんかで機嫌が悪くなると母や子どもを怒鳴り散らし、暴力を振るいました。
夜中に叩き起こされて勉強をさせられ、出来ないと指を落とされそうになったりしたこともあります。
焼きゴテを当てられそうになったこともありますし、髪を持って柱に頭をぶつけられていたこともあります。

「このメス猫が!」
「親の顔色ばっかり見やがって!」

とことん殴られて、腫れあがった目で母に助けを求めても母はただ「お父さんご機嫌が悪いのよ」と言うように目を伏せられたこともありました。

それでも(自分でもおかしいけど)私は父が好きでしたし、家族も父には逆らえませんでした。

父に認めてもらうために一生懸命でした。勉強も、部活も、友達がいますアピールも。

「みんなが雨のお父さん、面白いね!って言ってたよ」
「お父さん、私の友達に人気だよ!」

そんなことを言って喜ばせたこともあります。
父は「お前、学校でワシのことばっかり言ってるんやな~」とデレデレでした。
美人の友達を連れて行って、わざと父を褒めさせたことも何度もあります。(若いですね!とかね)

私は上の兄弟のように勉強で父に認めてもらうことが出来なかったので、それはもう必死でした。
でないと、父が私を見るたびに機嫌が悪くなって暴言を吐かれたり暴力を振るわれると思ったんです。

今思うと、私は父を愛していたんじゃなくて父に対する「恐怖」を勝手に「尊敬」とすり替えていただけなんです。父の作り出した家庭という『独裁国家』の中で傷つかなくて済むように、戦わなくていいように動いていただけなんです。

私が幼少期に感じていた父への愛情は嘘だったんです。家族の誰も、父を愛してなんかいなかったんです。

ただただ、彼の感情の起伏が怖かっただけなんです。
突然太い腕を振るって頭上を落ちてくる肉厚の手が怖かっただけなんです。

暴力に屈していただけなんです。

毒父たちが娘(息子)を性的に見てしまう理由

「男はオオカミ」という寛大さ

Twitterのタグ『私が父親を嫌いになった理由』を読んでいるといかに日本中で虐待が見過ごされてきたかがわかります。また、いかに父親という存在が社会的に許されてきたかがわかります。

特に父親から性的なからかいを受けた子どもたちは多く、多くはその口を閉ざしてきました。
父親にされたことを恨んでも、誰にも言えないんですよ。

これまで日本では子どもの頃から性的なことがタブー視されてきた世代なんです。「男はオオカミなのよ」なんて言われて性欲を見せびらかすことを良しとされてきた世代の男たちが突然女の子を(たとえ娘であっても)レディー扱いなんて出来ないんですよ。

「男はオオカミだ」と思い込んでいる男たちは女性に対して偏見的な目で見ています。根本的に女性というものを「自分より劣る」と思っているんです。

「男だから女より性欲があって当然」

「女は男に従うべき」という意識があるので妻や周囲の女性に対しても強気です。

また同時に、相手を尊重するという考え方がそもそも出来ていないので「子どもは親に従うべき」「子どもの意見なんて関係ない」という考えを持っています。

つまり、娘に性的なからかいをしてしまう理由としては、

3つの要素

「自分の子ども(娘)だから何を言ってもいい」

「相手は女だ」

「男には性欲がある」

というこの3つの要素がかけあわさって「娘=性的なからかいをしても許されるもの」だという認識が出来上がるんです。

「性的なからかい」は子どもの心を深く傷つけます。父親という身近な存在が一気に「男性」となり、しまいには「恐ろしい同居人」とまで成り下がるのです。

「性的なからかい」を受けた子どもが声を上げられない理由

先にも書きましたが、こういうTwitterなどのSNSで初めて多くの人が「私も父にこんなことされました!」「今でも傷ついている」「絶縁した」という性的なからかいの被害に遭ったとの声を上げています。

知っての通り、親からの虐待は親への愛着や承認欲求の面から元々告白しづらいものです。

しかし、その中でも性的虐待(ここではあえて性的虐待と書きます)について子どもは特に口を閉ざします。

子どもが口を閉ざす理由
  • (自分の告白のせいで)家庭が崩壊してしまうのを恐れている
  • どうせ周囲は自分の言うことを信じてくれないと思っている
  • 親ではなく自分が悪いと思っている
特に父親から「胸がデカくなったな」「もう生理か?」「もう男とヤったのか」のように自らの体の成長について目をつけられた娘たちは自らの体に嫌悪感を持つようになります。

羞恥心と罪悪感からさらに口を閉ざし、自分の肉体を呪います。

また、信頼していた父がそういう風な目を自分に向けるとは考えたくないのもあり、必死で「無かったこと」にしようと努力するので周囲は知ることもなく終わるんです。

家族にモラハラを繰り返す父親の正体

例えば「胸がデカくなったな!」と父が娘に言ってそのことで母親が「そんなこと言うもんじゃない!」と言って反省させられるんだったらまだいいんですよ。

でも、多くの場合「胸がデカくなったな」発言に怒る母親(妻)はいません。

「お父さんったらそんなこと言って…ふふふ」と笑って、「でもほんとに大きくなったわねぇ!」と一緒に感心するかもしくは聞かなかったフリをして無視するかどれかです。

たとえ娘が「お父さんにこんなこと言われた!辛かった」と母親に訴えても、「まあそんなことくらい許してやんなさい」「何も考えてない人なのよ」「デリカシーが無いわよね」と言って流されるだけです。しまいには「何言ってんの。父親なんだから娘にそのくらい言っていいじゃない!」と逆に意識していることに対して非難されてしまいます。

家族にモラハラを繰り返す、セクハラを平気で言う父親たちが許されてきた背景にはこういう父親と同世代の女性たちの『異常な寛容さ』があると思います。

(繰り返しますが)「男はオオカミだから気をつけなさい♪」なんて言っていた世代の女性たちにとって男のそういう身勝手さはある意味「男らしさ」であり、魅力でもあるわけです。

前の記事にも書きましたが、父親世代(団塊の世代たち)は女性を家庭に押しやり、職場には出来るだけ女性を入れないようにしてきたのでそもそも女性に対する扱いがわからないんですよ。

飲み屋のねえちゃんに接するくらいのフランクさが「女の正しい扱い方」くらいに思っているんです。

しかし、普通に考えると飲み屋のおねえちゃんと娘や妻は違うことくらいは分かりそうなもんですが、もう本当に無神経で許されて今までやってきたので「お、生理になったか?」「オッパイでかくなったな」というパッとひらめいた言葉が「男として気の利いた言葉」くらいに思っているんですよ。

信じられないけど。ホントに信じられないけど。

【モラハラ父への対処法】今後一切、許してはいけない。

私は父とは絶縁していますが、もし今あなたのそばにモラハラ・セクハラを繰り返す父親がまだいるなら絶対に今後一切のそういうあなたの心身に関わる「からかい」を許してはいけません。

「イライラしちゃって~。生理なんじゃないか?」

なんていう(本人にとっては)何気ない発言でも傷ついた、気持ち悪いのならハッキリとそう伝えるべきです。

あなたの言動が受け入れられない。言っていいことと悪いことがある、と子どもに教えるようにきちんと伝える必要があると思います。

これまで許されてきたセクハラ・モラハラを繰り返す父親たちは突然言い返されてさぞ怒るでしょうけど(飼い犬に手をかまれたみたいに感じるでしょうけど)

「もうそういう発言をして許されるような時代ではない」と伝えることは重要だと思います。

(まあ、お父さんたちはオッサンだから仕方ないか)
(男なんてそういう生き物よ)

というのはこれまでそういう男たちに我慢するために女性が作り出した幻想です。仕事でも家庭のことでも女性より男性が出来ないなんてことはないし、また女性も男性より出来ないことなんて何もないんです。

これはある意味、革命なんですよ。

父親世代には悪いですが、あまりにもジェネレーションギャップがあるんです。

「ああ、窮屈な時代になったなぁ」「やりにくいなー」と言われてもいいんです。

今までが変だったんですよ。

これからは一人で戦うことはありません。
こんな声『#私が父親を嫌いになった理由』をどんどん広めていって、時代を変えるべきなんです。

森雨でした。

↑第7章『性的な行為をする親』を参考にしました。

スポンサードリンク

気に入ったらシェアしてください!

6 件のコメント

  • 森雨さん
    ずっとうなづきながら読み終わりました。
    今まで心の中でもやもやしていたことがきれいに言語化されていて、全部しっくり来ました。
    父親からされた性的虐待(敢えて私も性的虐待と書きます)について母親に言いましたが、
    森雨さんが書いていたように子供からの告発に真剣に向き合うことなく、「あなたが父を嫌う理由は何となくわかった」と言っただけでした。
    このように言えたのは26歳になってからです。家で同居していた時は父が恐ろしい同居人になりさがっていたし、自分が性的虐待を受けていることも
    わざと気付いていないフリをしていましたが、内心すごく傷ついていました。
    大人になって自立したあとだから親との付き合い方も自分で選べるし、対等にものを言えますが
    親に経済的にも精神的に依存して生きていかなければいけない未成年の子供たちにとって
    性的虐待をする父親がいる家庭は到底安心できる場所ではないと思います。
    どうか一人でも多くの未成年の女の子(男の子)に森雨さんのメッセージが目に留まり、
    「あなたの言動が受け入れられない」と毅然としていえるようになるといいと思います。
    長文失礼しました。

    • 日本いるか様

      初めまして、森雨です。

      >父親からされた性的虐待(敢えて私も性的虐待と書きます)について母親に言いましたが、
      森雨さんが書いていたように子供からの告発に真剣に向き合うことなく、「あなたが父を嫌う理由は何となくわかった」と言っただけでした。

      性的虐待をするような父親は多くの場合妻にもDV(暴力だけでなく精神的にも)を繰り返していることも多いんです。だからきっとお母さんは自分自身もこれ以上傷つきたくないがために日本いるかさんの告発を無視したんだと思います。しかし、どちらにしろ子どもにとっては救いのない家庭ですよね。立派な虐待ですし、お母さんも共犯です。

      >どうか一人でも多くの未成年の女の子(男の子)に森雨さんのメッセージが目に留まり、
      「あなたの言動が受け入れられない」と毅然としていえるようになるといいと思います。

      私もそう思います。子どもは親がそうだということを真に受け、そのうえ親を守ることで自分を守るものなので「あなたの嫌だと思った感覚は正しいよ」と言う大人が一人でもそういう環境にいる子どもたちを救うことが出来ればいいと思います。

  • お疲れ様です。
    この記事でそのハッシュタグの存在を知り
    さっそく便乗してツイートしてきました笑

    私は男ですので、この記事に書かれてあるような被害には合わなかったのですが、父親に虐待され、それでも耐えていた心境は痛いほどわかります。

    そういった心境にいる人間がいない世界を作るには雨さんのおっしゃるとおり『革命』が必要だと思います。

    そのためにも私も少しでもできることをしていかなければ、と思います。
    今はツイッターで毒親に関するツイートをしたり、
    他のかたのツイートをリツイートして拡散したりする程度のことしかやれてませんが……(余談ですが最近は熱中症の被害にあう生徒のツイートも流してますね。あれも毒親に通づるものがあるので……)

    他に何か出来ることがあれば教えて下さい!

    というわけで、これからも応援してます!

    PS
    前回の返信ありがとうございました。おかげですっきりしました。

    • toy様

      こんにちは、森雨です。
      私も出来ることはブログで発信するくらいしかないですが、それでもちゃんと銃口を向けて撃つべき時に撃つことにしています。
      父親世代のちょっとアレな人たちって私たちよりもずっと人数が多いので、いちいち対応していたら疲れちゃうので…笑

      いつも応援ありがとうございます。
      これからもよろしくお願いします(´ω`*)

  • 全くですよ、その通りです!生理があること自体を見下げる輩です。
    中学校の時は人がお風呂に入っているのに、足を洗う!という理由で勝手に風呂場に入ってきて、お風呂に蓋をして浸かっていたら、今度はどうして蓋をするんだ、と言って蓋を取られたことがあります。信じられません。
    高校の時は、ふざけて私の足首を掴んで持ち上げられたこともあります。パンツが見えるじゃないですか!

    私が30代の頃父親が盲腸で入院した時、やっとお風呂に入れるようになり、病院のお風呂でうつむけないので頭を洗って欲しいと言われましたが、速攻拒否!
    2番目の妹は何にも気にせず洗ってあげてました。もち父親は裸です、タオルはかけてましたが。2番目の妹はポジティブポジティブ!人生は修行なんていいながら現実逃避してるので、怒られても怒鳴られてもまた同じことを繰り返しています。
    日常茶飯事まだまだあったせいで、私は父親には、介護だとしても触るのは絶対に無理です。森雨さん、具体的に書いてくださってありがとうございます。謎が解けました。

    • Butterfly様

      >私は父親には、介護だとしても触るのは絶対に無理です。

      ああいう感覚の世代の人は本当にセクハラが酷いらしく、よくその辺の話も聞きます。
      その点も踏まえ、介護関係の方は本当に頭が下がりますよね…。私も父親の介護は無理だなーと思います!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUT US

    mori ame
    夫と3才男子、猫と暮らす凸凹主婦。 結婚を機に実家家族と絶縁。毒親育ちで子育てする苦悩や葛藤の中から、考えたことや発見したことを綴っています。 趣味は銭湯通い。