【毒親育ち】「結婚式は誰の為にするのか?」私なりの答えを書いてみる。

考えたこと
スポンサードリンク

こんにちは、森雨です。

当ブログで人気のある記事、

この記事が人気があるのを見て、
「毒親育ちの人が結婚式するかどうかで悩んでるのかなー」と勝手に心配になってきたので
追記として今回は森雨なりの「結婚式に対する考え方」を書いておこうと思います。

結婚式をするかしないか。それはあなた自身で決めることが出来る。

「そんなのわかってますよ!」と思ったあなた。
本当に?
体裁とか、相手の家族とか考えてない?

毒親育ちの特徴の一つとして「自分の気持ちを後回しにする」というのものがあります。

結婚式は新郎新婦がホストになって招待するもの。
誰かに言われてするものではないです。

結婚式をどうしてもしたくないならしなくていい。

でも「もしかしたら、しなかったことで後悔するかも」
「毒親のせいで出来なかった!って辛くなる日が来るかも」

そう思ってるなら絶対やるべきです。

私自身『毒親のせいで私たちは結婚式も出来なかった』と思いたくなかったから式をしました。
親を呼ばない結婚式はリスクもあったけど、それでもしたいという気持ちが勝ったのです。

「誰を呼ぶか・呼びたくないか?」それはあなた自身で決めることが出来る

結婚式をしようと決めた場合。

まずどのくらい人を呼ぶか。
誰を呼ぶかを先に考えてください。

このときポイントなのは、

  • 感謝を告げたい相手
  • 自分たちを心から祝福してくれそうな人

を選んでください。

決して昔からあなたのことを攻撃していたような親族・友人に招待状は出さないようにしてください。

毒親育ちはとにかく気を遣います。
NOと言えないことが多いです。

もう一度言います。

好きじゃない相手は呼ばなくていいんです。

どうせするなら、招待客に心から楽しんでもらえる式にすること

呼びたい人が決まりましたか?

その人たちはあなたの大好きな人たちですよね。

たとえ少数でも、親がいなくても、友達が1人でも関係ありません。
どうせするなら、楽しい式にしましょう!

私がそう思って特にこだわったのは料理です。
どんな演出も、音楽も、会場も料理にはかないません。
これは絶対です。

最高に美味しいものを出してあげるのが、一番の満足につながります。

その際に大切にしてほしいことは、必ず式場任せにせずに自分たちで味を
事前にチェックしておくことです。

おすすめなのが、レストランウエディング。
事前に贅沢をしてでも夫婦でフルコースを食べてサービスや味に納得したところに
してください。

うちはちなみに、初めてのクリスマスで食べたディナーが絶品だったレストランで披露宴を
しました。
味は確実に美味しいし、サービスも最高だったのでそこに決めたんですがこれが大当たり。

料理が美味しくてみんな席から立たず、新郎新婦のところにはなかなか来てくれませんでした。笑
(※ウエディング会場で働いていたのでよくわかるんですが、これは◎な証です)

私は友人が4名だけ。親はなし。

私は自慢じゃないですが友人が少ないので、4人しか友人がいませんでした。
(夫は10人以上いました)

正直、式をする前は気になりました。
でも実際やってみると全然!たとえ1人でも気にならなかったと思います。

だって結婚式って友人を競う会ではないんですよ。
結婚を祝ってもらって、みんなで美味しい料理を食べる会ですよ!

だから時々、「友人が少ないのでしたくない」という人の話も聞きますが、
その人は今一度どうして結婚式をするのか?ということを考えたほうがいいですね。

親が来てないことのデメリットは・・・ない!

うちは親を呼ばなかったので、式は教会だったんですが
夫婦で入場しました。

「普通は実父と歩くよね……バージンロード」と思って躊躇しているあなた。
全然気にすることないです。

事前の打ち合わせでも
「親が来ないので、バージンロードは…」と言いにくそうに私が言うと、

「最近はご夫婦一緒に入場するパターンも多いですよ!」とにこやかに言われました。

実際してみると、みんなドレスに釘付けで全然気にしてない。笑
そんなもんです。

あとは・・・

「親族同志のこまごまとした挨拶」?
みんな適当にやってくれてるんで新郎新婦には関係のないことです。
当日は超忙しいので、それどころじゃありません!

「両親への手紙」?
招待客も別にそれを聞きたくて来たわけでなし。いらんいらん!

「最後の挨拶」?
夫側の両親に立ってもらっているので誰か一番親に近い親族の人に立ってもらいましょう。
挨拶も手短に。親族が一人もいないならもう要らないです!
義両親に二人で花束を渡してもいいんじゃないですか?
とにかく気にしない、気にしない!

まとめると・・・

最後のほう駆け足でしたが、
(だって絶対みんな気にする点だしね)

とにかく大切なことをまとめますね。

  • 結婚式をしたいという自分の気持ちを最優先に考える
  • とにかく料理にこだわりまくること(金をかけろというわけではないが)
  • 「後悔するかも」と少しでも思うならしたほうが絶対いい
  • 親が来ていないことは意外とみんな気にしてない!

ちょっとでも親抜き結婚式をしようと考えている人の参考になれば幸いです。

森雨でした。

[ad#ad]
スポンサードリンク

気に入ったらシェアしてください!

5 件のコメント

  • 森雨さん、ありがとうございます。
    そうですか、じゃあ森雨さんはたまたま早く結婚したって事なんですね。
    僕もたまたま彼女がいないだけで、今後どうなるか分かりませんもんね。
    毒親の元に生まれたのもたまたまなんでしょうね。恨みはしたけれど。
    他人と比べるのは良くないって分かってるけど、嫉妬や劣等感が強すぎて苦しいという感じだったので、こんな批判的なコメントをしてしまいました。
    僕も森雨さんと同じで兄妹がいて妹が2人いるのですが、なぜか父や母は僕にだけ暴力を振るったりしていましたね。
    時には殺されるんじゃないかと思うほどのトラウマを植えつけられたこともあります。今でも許せません。
    長いこと虐待のトラウマで苦しみました、対人恐怖症も患ってましたし、人間関係もうまくいきませんでした。
    感情がコントロールできなくて、いつか衝動的に人殺してしまうんじゃないかと思いました。
    なんか森雨さんって幸せそうにしか見えなかったけど、嫉妬とか劣等感で苦しんでた時期があるんですね。意外ですね。
    やっぱり傍から見たらリア充にしか見えませんでしたもんね。
    もう26歳って言ったのは、森雨さんと自分を比べていたからそう言ったんです。まだ26歳ですもんね。
    やっぱり自分が許せなくて、もっと早くアダルトチルドレン克服の行動をしておけば良かったと後悔してました。
    実家には一旦帰りますが、早くお金貯めて実家を出て彼女つくって結婚します。
    ブログはまだ作ったばっかりで、ほとんど愚痴しか書いていませんが、良かったら見て行ってください。ウェブサイト欄にURL貼っておきます。

  • H&Sです。
    森雨さん、ご返信ありがとうございます。
    そうですね、僕は本当に毒親育ちであるならば、恋愛がうまくいかないとか、恋人ができないとか結婚できないとか
    そういう人の気持ちが分かるものだと思っていたのですが、森雨さんのブログを最初読んだ時の印象は
    ただ結婚して子供もいて充実してる自慢しているようにしか見えなかったものですから。
    別に森雨さんのことをけなしている訳じゃありませんよ。
    でも本当に森雨さんは恵まれているなーって思いました。本当に毒親育ちなのか疑問に思ってしまいました。
    ちなみに僕、母親から虐待を受けていたので、女性が怖かったり、怒りや悲しみ、嫉妬の感情が抑えられなくて
    ずいぶんと苦しんできました。
    だからなかなか彼女もできなかったんです。悔しいですよ本当に。
    今だって正直嫉妬や劣等感の感情が抑えられなくて気が狂いそうなくらいです。
    正直幸せな奴は全員、不幸になればいいのにとさえ思います。
    この悪い感情を消し去ることが、僕の人生の課題だと思っています。

    申し訳ないですが、僕はたまたま彼女ができたりした経験がないので森雨さんの言っていることが腑に落ちません。
    本当にたまたまなんですか?
    もちろん僕もブログ書いたり、カウンセリング受けたりしてエネルギーをそっちに使っていますが、
    それでもどうしても僕は森雨さんに嫉妬してしまいます。
    苦しくてしょうがありません。
    しかも僕は、もうすぐ26歳になるのに定職にも就けていません。
    実家を離れて県外にいたのに、職を失ったのでやむを得ず実家に帰ることになりました。
    だから森雨さんのことがどう見ても成功者にしか見えません。

    • H&S

      >申し訳ないですが、僕はたまたま彼女ができたりした経験がないので森雨さんの言っていることが腑に落ちません。
      本当にたまたまなんですか?

      たまたまです。私も夫と出会わなかったら結婚すら考えたことなかったです。
      夫も私が初めての彼女だったので、彼も私と出会わなければ結婚してなかったでしょう。
      私や夫は特別何かの努力をして結婚に至ったわけではないです。
      同時に今世の中の独身の方は既婚者より劣るわけでもないのです。

      >今だって正直嫉妬や劣等感の感情が抑えられなくて気が狂いそうなくらいです。
      正直幸せな奴は全員、不幸になればいいのにとさえ思います。

      …とはいえ、幸せな人にしか人を幸せには出来ないんですよね。
      H&Sさんとこうしてコメントでやり取りすることが出来るのはH&Sさんと比べて恵まれている(かもしれない)私なんです。
      もし私がとことん不幸ならこうしてお返事もせずに布団かぶって泣いているだろうと思います。笑

      >もちろん僕もブログ書いたり、カウンセリング受けたりしてエネルギーをそっちに使っていますが、
      それでもどうしても僕は森雨さんに嫉妬してしまいます。

      お、ブログされているんですか。いいですね!どんどん書くと良いと思います。
      私もただただ考えたことを書いているだけなんですが、ブログって楽しいですよね。こうして読者の方と繋がれるんですから。

      >しかも僕は、もうすぐ26歳になるのに定職にも就けていません。
      実家を離れて県外にいたのに、職を失ったのでやむを得ず実家に帰ることになりました。

      もう26歳なんじゃなくて、まだ26歳なんですよ。
      H&Sさんが10年後に「俺はもう26だ…」と言っていたら「いやいやまだ26じゃん!何でも出来るよ」と思うと思います。

      「周囲への嫉妬が止まらない、辛い!おしまいだ…」と思う時期なんですよ。私も5年くらい前はそうでした。そういう思考回路から抜けられないのって辛いですよね。
      「恵まれている」私でもわかります。ていうか、このブログの読者さんのほぼすべての人が共感すると思います。みんな何かしらの生きづらさを抱えていますから。

      今H&Sさんが出来ることは、自分を許してあげることです。彼女がいなくても、結婚していなくても「それでいい」とそのままの自分を認めてあげることです。
      そして親の元から出来るだけ早く離れることです。

  • はじめまして、HSと申します。
    森雨さんのブログを一通り読ませていただきました。
    その中で思ったことがありますので、正直にお伝えしたいと思います。

    僕も毒親育ちなのですが、失礼ですが僕は森雨さんのブログを読んでものすごく嫉妬しました。
    なぜなら、森雨さんは僕と同じ毒親育ちであるにも関わらず、ちゃんと結婚して子供もいるからです。
    僕は現在25歳なのですが、いまだに結婚どころか彼女ができたことがありません。素人童貞です。
    はっきり言ってコンプレックスの塊なんです。
    なので僕からしたら森雨さんは、成功者だしすごく幸せそうで全然生き辛そうには見えません。
    ましてや発達障害があるなんて嘘なんじゃないか?と思ってしまったほどです。
    どうやって彼氏を作って結婚されたんですか?森雨さんがものすごく努力されたからですか?

    僕もアダルトチルドレンのカウンセリングを受けたりして、自分なりに努力はしてきました。
    ですが、まだ彼女もいないし結婚まで辿りついていないので、その辺がものすごく知りたいです。
    僕は森雨さんみたいに結婚して子供もいる人を見るとものすごく嫉妬して劣等感を感じてしまいます。

    なぜこんなに劣等感や嫉妬という感情に縛られてしまうのか、それはおそらく僕が幼少期に
    親から虐待されてものすごい恐怖を植えつけられたからだと思います。
    僕は森雨さんみたいな人が羨ましくて仕方がありません。だって幸せそうに見えるから。

    でも本当に生き辛さは今でも抱えていらっしゃるのですね。
    申し訳ないですが、全然そんな風に見えないです。

    • H&S様

      初めまして、森雨です。
      いつも読んでいただいてありがとうございます。

      結婚と子どもを人生の成功と考えるのなら確かに私は成功者かもしれません。
      確かに今幸せかと聞かれたらたぶん今が一番幸せだと思います。

      決して馬鹿にしているんじゃないんですが、H&Sさんが私に嫉妬する気持ちはよくわかります。ここで「成功者」と言われる私でも嫉妬する対象はもう数えきれないほどありますよ。
      私と同じ毒親育ちのH&Sさんと一緒で生きづらさも抱えているし、発達障害者なので外でうまく働けないのも確かです。結婚していたって、子どもがいたって次から次へと問題は降りかかるものです。自分自身の中に問題があれば。

      >僕は森雨さんみたいに結婚して子供もいる人を見るとものすごく嫉妬して劣等感を感じてしまいます。
      生きづらさとは、ある意味こういうことです。社会の作り上げた「努力した結果が結婚や子どもにつながった」と思わせるような環境にいることです。
      以前私が書いた自己責任に関する記事【>私たちの上に重くのしかかる『自己責任論』と優しい社会の成功者たち。】にも書いたんですが、私は努力をした結果結婚に至ったわけではないんです。たまたまです。逆に言うと、H&Sさんは努力を欠いたから彼女がいないのではありません。

      嫉妬や劣等感を抱くことはごく普通のことです。ただ、その「今より幸せになりたい」「親の呪縛から解放されたい」という欲望のエネルギーを自分のために使わなければいけません。例えば私のようにブログをしたり周囲に同じ思いをしている人とつながるのも一つの手です。

      私が生きづらさを抱えていないように見えるのは良くも悪くもネットの力です。
      表面的なものだけを見つめていると劣等感による不快感が膨らんでいくだけです。惑わされてはいけません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUT US

    mori ame
    夫と3才男子、猫と暮らす凸凹主婦。 結婚を機に実家家族と絶縁。毒親育ちで子育てする苦悩や葛藤の中から、考えたことや発見したことを綴っています。 趣味は銭湯通い。