雪が降りました。
そっちも降りましたか?

こんにちは、森雨(@moriame25525)です。
南国生まれの私は、一度でいいから雪が降り積もる冬を経験してみたいと
ずっと思ってるんですけど、雪国の方からすれば「雪の大変さも知らないで!」って感じですよね。

いや、まったくです。

姉のことが急に心配になってきた。

私の姉についてのお話ってしたことありましたっけ?

なかった?
あれ、したと思ったんですが・・・

私には7つ違いの姉がいるんですが、
うちの姉は母と性格がそっくりなんです。

でも、当然私と同じかそれ以上に愛着障害むき出しなんです。
本人は全く気が付いてないみたいだけど。
「どくおや?ってなに?」ってレベルです。

姉は、

  • 自分の置かれた環境や状況に相当デリケート
  • 人の目や人の発言を相当気にする
  • 弱いわりに、暴力的(パニックになるとすぐ手が出る)
  • ビックリするくらい素直
  • 驚くべき世間知らずさ

……これ悪口じゃないんですよ。
事実なんです。これが彼女なんです。

死ぬほど脆い(もろい)んです。

うちの姉は実家から車で1時間くらいのところに暮らしていて、
ここ1年くらいの間に結婚&出産しました。
私が絶縁した後に結婚したそうなので、私は旦那さんの顔も見たことないし、
当然甥っ子にも会ったことがありません。(息子だということだけ知ってる)

姉は良い部分を見れば、天真爛漫で純粋で他人に優しいんですよ。
でも、あまりにもッ

親の言うことを真に受けすぎる

親にどんな言われ方をしても、決して怒らない。
親にどんな扱いを受けても、決して親と離れようとしない。
親がどんなに辻褄の合わないことを言っていても、親のことを信じているんです。

スポンサードリンク

姉は私より虐待を受けてきたといえる

姉は幼いころ本当に明るく、ちょっと兄弟に対して暴力的ではありましたが
(身体もデカかった)明るくて楽しい姉でした。

しかし、私が生まれたころには父に躾として激しく暴力をふるわれていました。
当時姉はちょうど小学生になったころだったんですが、習い始めたピアノの稽古で
ミスをすると父は姉の手が腫れ上がるくらい叩くようになりました。

父が虐待する理由は以前にもどこかで書いたように、自分のコンプレックスのため
だったんですが、姉が明るいこと、
どこか打たれ強かったのも癪に障ったんだと思います。

姉の容姿や体型も馬鹿にしていました。

姉はそれから親に何も言われないように必死で勉強し、無事に親が求める医療系の大学に進学しました。
しかし、大学に入るころになると徐々に精神のバランスが崩れ始め、もろさが露呈するようになります。
就職するころになると、姉は精神を病んでしまうようになりました。

しかし、毒親はそんな姉に優しくするどころか邪魔者扱いしていました。

【虐待の連鎖?】私が姉を心配する理由

姉と最後に面と向かって話したのはもう何年も前になりますが、
ときどき本当に心配になります。

そして子どもを産んだ、と聞いたころから特に心配するようになりました。

この間父と対決したときに、姉の話を少ししました。

そこで父から聞かされたのが、姉が子育てで実家にこもりっきりになっているということでした。

「あんなに泣く子どもは見たことない。うるさい。○○(姉)も神経質になって、家にいても孫に触ると怒る。さっさと家に帰ればいいのに」

姉の現状をそんな風に話す父に、
「ほんとにあなた方のところで里帰り出産なんてしなくてよかったよ」
と言ってやりたいのをすんでのところで抑え、

(姉はちゃんと子育て出来るんだろうか?)と心配になるようになりました。

私も愛着障害で、子育てに関しては本当に自信があるとは言えませんが
夫や義実家が理解があるので支えてもらいながらなんとか子育てできている状態です。

ここからはあくまで想像ですが・・・

父は人前で姉の夫を呼び捨てにしており(叔母談)、結婚前から父の支配下にあります。
うちの父に呼び捨てにされて平気な姉の夫なので、頼りがいがあるとはいえない感じです。

・虐待を連鎖させない方法は、唯一、自分が虐待されたということをしっかり自覚していること。
・そして周囲(夫など)がそのことを理解して本人の葛藤や感情を聞き出して支えてやる必要があります。

ハッキリ言ってこの2つのことが出来ていないと、
子どもを愛着障害持ちにすることなく子育てすることはかなり難しいです。

子どもが泣いたり、グズッたときに自分の感情を抑えられるか。
「~しなければならない!」と自分を律せず、穏やかな気持ちで子育て出来るか。
子どもの意思を尊重して、親と同じように手を上げずに躾することができるか。

今の状況を聞いていると、正直姉は子育てでかなり苦悩しているかもしれません。

姉へ。「親から離れろ。自覚しろ」

毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社+α文庫)
スーザン・フォワード
講談社
売り上げランキング: 711

この間祖母から姉がまた実家に里帰りしていると聞かされました。
きっとまた親に邪険にされているんだと思います。
でも、子どもと2人で自宅にいるのが怖いんでしょう。

でも、私にはハッキリわかっていることがあって、
そのまま実家の毒親の元にいても子どもも姉も不幸になるということです。

そんな姉や毒親と絶縁した私は、どうすべきかときどきこうして考えるんですが、
答えがまだ出ません。

ただ「こうして愛着障害がまた生まれる」と思うだけです。
これが世に言う『虐待の連鎖』なのかもしれません。

森雨でした。(@moriame25525)

スポンサードリンク

 

Twitter で森 雨(モリアメ)をフォローしよう!