そもそも、このブログをやろうと思ったきっかけは「自分は愛着障害だ」って気が付いたからなんです。

NOTEというので、ちょっとずつ過去のことについて書いていたんだけど、ちょっと物足りないなーって。
「もっと書きたい!」という思いが強かったんです。

私実はネットを使ってささやかな商売をしているんですが、そこでHPをたくさん作ったりしていて「ドメイン取って、もっと多くの人と愛着障害や毒親について共感したいな」と思い立ってこのブログをつくりました。

過去のことはもう大抵のことはそのNOTEの『毒親から遠く離れて』で書いたんですが・・・かいつまんで言うと、

  • 支配的・暴力的な父とそれに虐げられる不安定な母を持つ。
  • 成績優秀だがどこか人に対して冷ややか。人の気持ちを理解しない姉と兄がいる。
  • 両親に結婚式の招待をこっぴどく断られたのをきっかけに絶縁。
  • 結婚式以来兄弟とは疎遠。
  • 妊娠・出産も一切手伝ってもらっていない。孫に会わせていない。
  • 今は3か月に一度両親に息子の写真をメールで送るのみ。

愛着障害って?

幼少期

そもそも愛着障害ってなんぞや?ということですが・・・

虐待やネグレクト、母親の死別などにより子ども時代に精神的な安全地帯が脅かされたことをきっかけに、成長過程で様々な問題を起こすこと・・・と簡単に言えばこうです。(詳しくは読んでください)

私が愛着障害になったわけ・きっかけ

 
両親はずっと自営業で飲食店をしていました。

「お金がもったいない」という理由からどんなに忙しくともアルバイトなんか雇わず、自分たちで切り盛りしてきたんですが、子どもたちのことは、
ほぼほったらかしでした。

夕食が真夜中になることもザラで、常にお腹を空かせているような状況でした。(ノリと水で我慢していた)

仕事が終わるとストレスと疲れでイライラ。子どもの話なんて聞かない。
甘えても「あっちに行け」といわれることもあれば「こっちにおいで」とやたらとべたべた触られることもありました。

「自分たちがこんなに苦労しているんだからもっと見返りが欲しい」と子どもには勉強をとにかくさせ、
成績が悪い私には殴ったり蹴ったり。
厳しい塾では先生に怒鳴られ、家では殴られるような生活でした。

それでも両親のことが好きで、愛されたくて無理をし続け、でも兄弟より一つ下の高校にしか行けなかったため、
両親の言葉の暴力は悪化。
高校生のときには自傷行為をしていました。

大学でようやく県外へ脱出しましたが、それからも毎日母親にその日あったことを連絡。
なんでも両親に話せる「仲の良い親子」だと思い込んでいました。

でも、社会人になってあることをきっかけに爆発。
ようやく自分の心がボロボロなことに気が付きました。

今の現状『愛着障害』

25歳で結婚。
子どもは一才になりました。

でも、子育てをする中で自分の精神的に不安定なところが怖いです。

夫のおかげでまだ大丈夫ですが、いつ子どもに手を出すかわからない不安があります。

そして不安定になるたびに「自分を殺したい」「消したい」「ナイフでぐさぐさ刺したい」という衝動にかられます。

ふとしたきっかけで過去のことがフラッシュバックして、嫌な気持ちになってしまうことが多いです。

夫が自分のことを嫌いになるのではという不安が常にあります・・・なのにわざと試すようなことをして嫌われようとしてしまう・・・変ですよね。

「このままじゃだめだ、どうにかしたい」そんな気持ちでいろいろな本を読んだり、セラピーをうけたりしています。

今はまだ不安定な状態ですが・・・

時間をかけても直そう、同じような人は共感・参考にしてほしい。という思いです。

ゆっくり頑張ろうと思う

まあこんな感じです。

はじめにちゃんと書いておかないと急に「毒親が・・・」「愛着障害が」となると「???!」となると思って書きました。

これからはくだらない記事も、そうでない記事も書きますよ(*’ω’*)

ゆっくり努力していきます(*’ω’*)

日々考えて生活していきます!




 

Twitter で森 雨(モリアメ)をフォローしよう!